2014年11月17日

「当事者意識」は物事をうまくやるための理の一つかもしれない

3日ほど、ブログを書きませんでした。


3日連続で更新して一旦気が抜けたのと、なんだかんだ家でPCを弄る暇を見つける手間を惜しんでしまった(土日でいくらでも時間を見つけられたはずなのに)。とはいえ今の時代、PCが使えなくてもスマホがあるわけで、そういう意味では自分の怠惰の責任逃れの言い訳でしかありません。

人間そうそう簡単には意志が鍛えられはしませんね。。。


今日こそと思って、キーボード叩いております。

なかなか何を書いたらいいか、勘が鈍ってはおりますが、経験上なんでもいいから書き続けてると、徐々にいろいろ書くことが見つかる、思いつけるようになってくるので。


---


さて、今日こんな記事を読みました。


「成長」にフォーカスした書き方になっていて、記事のタイトルもなんだか「意識高い系」な匂いもしておりちょっと気恥ずかしい感はあります(笑)。

ただ、あくまで個人的な振り返りと解釈ではあるのですが、何か物事が上手くいかないようなときは、自分の振る舞いや意識の中で「当事者意識」が欠如している、またはそう周囲に見られてしまったことが、原因の大きな一因を占めている場合もあるのかな?と気付かされました。

自分は評論家気取りで、あくまで他人ごととして距離を置いて、あれこれと懸念点などを物申す、みたいなこと。そういうのが自分の悪いところと、何度か人からも注意と助言を受け、気をつけるようにはしてはいたのですが、そのホントのところはまだ十全には理解していなかったのかも。耳が痛い。

組織や社会の中で物事をうまく進める「原則」の一つなのでしょうね

もう少し考えを進めてみると、理屈としては気がついていた、分かったフリはしていたのかもしれないんですよね。それでもそういう振る舞いをしてしまうことがあるのはなぜか?

その振る舞いに「見返り」があるからですね、きっと。

他人ごとと距離を置くことで目先の面倒(自分が何かやる羽目になること)を当面回避しつつ、そのくせもっともらしい評論・助言めいたことを言って、自分の価値を高めようとする。
意外とそれが、一見通用してしまうように見えることも多いんですよね。

ただ、その場ではそれが通用したように見えても、陰では徐々に自分への信頼や評価を下げてしまっていて、それが積もり積もって気がついた時にはすっかり信頼を無くしていて「何がどうなってしまったんだろう、こんなはずではなかった」となることもあります。長い目で見たトータルでは、やはり目先の逃げは最後に利息を伴って負債として自分に返ってきてしまう。
また、そういう小手先が通用しない人や場面に出くわして、同じような振る舞い方をしたら、ドカンと痛い目を見ることもありますね。

記事のテーマ通り、自分を成長させるという意味でも、当事者意識があるのと無いのとでは天と地の違い。責任の負い方、覚悟が違いますからね。自然と自分の能力の振り絞り方も違ってくるので、Stretchの効き方も大きく差が出ることになります。

当事者意識を持って事に当たるということ、しばらく意識して自分の習慣の一つと出来るようにしたいです。

posted by tacryan at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

息子よ、なぜ寝るときには父を追い返すのだ

3日とりあえず続けられたら、せめて「三日坊主」にはなれますね。今日はライトにスマホから更新してみます。

うちの息子も早いもので3歳になりました。
大分、話も出来るようになったし、来年には幼稚園です。

でもまだまだ夜中に起きて泣くことがあり、先ほどもそうだったのですが、そこで面白いことが一つ。

なぜかこの夏くらいから、夜寝るときには、私が一緒にいるのを嫌がるんですよね。
奥さんがお風呂に入ってる間などに泣かれると、私がなだめに行っても全然ダメで、寝室を飛び出して風呂場までお母さんを追いかけて行くんです。

挙げ句の果てには、「おこうしゃんは来ないでー!」「おこうしゃんはお仕事行ってー!」と追い出される始末。おいおい、お父さんはこんな夜遅くまで働きたくないよ…。

赤ちゃんのころは、自分があやした方が早く寝てくれたりしたこともあったんですがね。やはり子供にとって夜休むときには、お母さんの温もりの方が好きなものなんでしょうね。

子供って本当に、不思議で面白くて可愛いものです。
posted by tacryan at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

休養明け2日目|「7つの習慣」

気持ちが続いてるうちに、手を抜かず何か書いてみたいと思います。

久しぶりに、PCからブログの管理画面をいじりました。2年ぶりってすごい話ですよね、我ながら。

やはり、だいぶ見栄えは変わってますね。でも基本的な機能自体はそんなに変わってなくてホッとしてみたり。ブログもすっかり円熟期のサービスということでしょうね。スマホからの操作性のほうが今は大事ですしね。
ちなみに操作してるPCも今年買い替えたばかりで、まだそんなにいじってないので、長文入力の際にはキーボードの打ち間違いもチョイチョイあって、まだ慣れませんな。

とりあえずデザイン周り、特に表示されてない無駄なAdsenceや、変な収まりの悪い位置に配置されてるソーシャルボタンなど早めに整理して、スッキリさせておこうと思いました。

---

先日、完訳 7つの習慣 人格主義の回復という本を読みました。

きっかけは会社で漫画版のほう(まんがでわかる 7つの習慣)を読んでレポート書け!と言われたという、全くもって受動的なきっかけではあったんです。そちらのほうはマンガということもあり、さっさと読んでそれなりにレポート仕上げたんですが、気になってマンガではない元のほうをKindleで買って読みまして。

結果的には、非常に良い本でした。
そのうち、もっと詳細な感想・思ったことなどまとめてまた書いてみたいですが、もっと前、もっと若いころに存在を知り得て読むことが出来ていたら良かったなと、心底思います。
いつか、自分の子供が大きくなったら、紹介してやりたいですね。



マンガのやつも、さっさと読めて取っ掛かりとしては良いと思います。



ちなみに、スマホでKindleは手軽でいいのですが、改めて読み返す際には紙の本に比べて「あれが書いてある場所はこの辺」とページを探るのがちょっとやりにくいですね。余談。
posted by tacryan at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

ブランク2年

2012年の年末のエントリーを最後として、もう2年近く、ブログを休眠、というか放置、してました。

この2年で、長男も大分大きくなりました。早いものです。

司法書士試験を受けようと一時期勉強してましたが、すっかり現在はそちらも放置しております。
理由としては、行政書士試験に合格して一息ついたつもりが丁度仕事方面でまた景気を多少盛り返し忙しくなり、意識をそちらに埋没させてしまったからですね。

試験に受かっても起業、営業といったことのほうが書士としてやっていくには重要で、そういう意味では何を飯の種にするにしても難しさは同じなことに気付いたこと、その割には試験合格までのコストが見合わないほどに難関、子供が生まれて家族を養うに形振り構っている場合じゃないと思ったことなど、言い訳は考え付きますが、結局は自分自身がそういう選択をした結果です。

今また、色々あって改めて、ありようを考えたりする余裕に恵まれて(ありていに言えば仕事が多少暇になった あまり有難くはない意味で)、ふと昔の自分のブログのエントリーなど見返してみたら、あの頃の考えなど思い出し気持ちが揺さぶられたので、2年の沈黙を破ってみました。

続くかどうか?今のところせっかくの余裕が出来た状況だし続けようと思ってますが、また何かブログで徒然を綴っていけたらなと思います。SNSはやはりTwitter以外、性分ではないようなので。
posted by tacryan at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする