2016年06月25日

盆栽の葉刈りで植物の生命力に感動する

やらねばやらねばと思っていた、モミジやケヤキの葉刈り、やっと先ほど終わりました。

ケヤキは、葉刈りするのは初めて。
2012年に、当時住んでた家の目の前の道路脇に生えてた苗を鉢に植えて育て始めたやつなので、これまではあまり枝数が無かったため、太らすために葉刈りは控えてたので。

EDB7D39A-18F4-40FD-9C2E-247DBF3267BB.jpg

それにしても、モミジにしろ、こんだけ葉っぱ取っちゃっても、不死鳥のようにまた青々と葉を茂らすわけで、植物の生命力の強さには感動します。
とはいえもちろん、余りに無茶をさせては枯れちまうリスクはあるわけなので、注意してお世話してあげたいと思いますよ。


posted by tacryan at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Botanical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

夢をかなえるゾウ

もう1年ほども本というものを読んでなかったのですが、久しぶりに何か読もうかと思いkindleを眺めまして、今更ですが「夢をかなえるゾウ」を買って読んでます。




もう、最後の課題のあたり読んだので、もう少しで読み終えるのかなと思いますが、「今までやりたいと思ってやってなかったことを今日、今すぐから始めろ」と課題にあったので、気持ちが萎えないうちに、超久しぶりにブログに書いてみることにしました。


今のところの感想ですが、うん、確かに読みやすい。

バカキャラが唐突に深いことを言う、でも最後にはオチをつける。漫画のシティーハンターを思い出しました。王道的な面白さですね。なので、しかめっ面にならず、フムフムとスイスイ読めます。


で、肝心の自己啓発?ライフハック的な中身ですが、しっかりと、大事なことが書かれていますね。

よく理解して実践して腹落ちさせることができれば、大金持ちとまではいかなくても、食うには困らず満ち足りた幸せな人生が送れそうです。


もっとも、作中でガネーシャ(筆者)も自分で言ってる通り、その教えは、新しいことでもなんでもなく、数多の自己啓発書で散々語り尽くされてることではありますね。

「7つの習慣」やアドラー関係の本を一通り読んだ経験で、「これは7つの習慣のあれだな、これはアドラーも同じこと言ってたね」と、色々関連付けながら読んでました。


でも、勘違いされませんように。

自分は、別に、こんなもん使い古されたありきたりであって、アドラー知ってりゃ読む必要無し、などと、腐してるものじゃないです。


むしろ、改めて本当に大事なことはなにか、別の作者の視点、別の表現を通して、反復してインプットすること、非常に価値があることだと思います。7つの習慣がいかに全てを網羅したバイブル的な書物だとしても、連続して2回目も読むころには、飽きて流し読みになってきちゃいますものね。

それを、味付けを変えて、今一度エッセンスを味わえることで、より深く多角的に消化出来るわけです。


大事な習慣とは何か、初めてその考察に触れる人には、エンタメ的に気楽に読み進められるし、ある程度色々読んで理解し始めてきてる人にも、今一度理解をまとめて深く定着させることもできる、良い本だなあと思います。


もっとも、昔の自分みたいに、端から小馬鹿にして受け入れる勇気がない人や、上辺だけ撫でてわかった気になっちゃう浅い人には、さらっとエンタメ部分だけ捉えて読み飛ばされることもあるのかな?と思うので、その点は気がかりです。単なるエンタメとしてなら、もっと面白いコンテンツは他にたくさんありますしね。まあこれは、この本に限らないことですけど…


などと偉そうに言ってますが、さっきも書いた通り実はまだ読み終えてはいないのでw、この辺で能書きはやめてさっさと最後まで読むことにします汗
posted by tacryan at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする