2016年11月10日

『真田丸』やっと最新話まで追い付いた

大河ドラマ「真田丸」。

録画していた最新話まで、やっと観終わりました。今週初めに話題になってた、タイトルテーマを話の最後に持ってくる演出、知ってはいたけど実際に観たらやっぱりしびれましたねー。


第1回から欠かさず録画して観ているのですが、ついつい何回分か溜まってから、何週間か遅れでまとめて観るを繰り返してたのですが、早いものでもう大詰めに差し掛かってますしね。ここからは遅れないよう、心してラストスパート観ていきたいです。

大河ドラマをまともに観るのは、何年ぶりでしょうかね。って、前にそこそこ観てたのは、同じ三谷幸喜脚本の「新撰組!」でした。ので、まるっと12年ぶりですね。

そもそも、ある程度まとまって観た大河といえば、渡辺謙の伊達政宗と、その余韻で中井貴一の武田信玄くらいですかね。あ、あと、太平洋戦争もの、確か原作が二つの祖国のやつも、当時ミリタリー好きな子供だったのでそこそこ観たかも。

歴史物は好きなほうなので、たまたまテレビつけたときにやってると結構面白がって観るんですが、基本的にテレビは見ないライフスタイルだったため、こんなもんです。近年は、ハードディスクレコーダーがあるため、時々今年こそは観ようかなと初回だけ録画してみるものの、ネットの評判が微妙なため観ないまま忘れるということも多かったですが。

でも、今年の真田丸は、初回から全部観てます。前に観た「新撰組!」(といっても友達に勧められて途中からしか観てないですが)が結構面白かったので、同じ三谷幸喜脚本ということで期待高かったのと、主演の堺雅人さんほかキャストも渋くて楽しみだったので、忘れずに第1回から観たら、脱落せずにここまで来れました。

真田幸村の名前は(主に信長の野望でw)知ってはいたものの、本来の信繁という名前は知りませんでしたし、戦国武将の真田氏のことも(主に信長の野望で)名将・知将揃いなのねくらいの恥ずかしい知識しかなかったので、毎回面白く拝見しています。勿論、ドラマとして脚色はあるでしょうけど、別に歴史の勉強が本来の目的でもなく、エンターテイメントとして面白ければ良いでしょうというスタンスです。

※史実そのものが極上のエンターテイメントという視点で観れば、あまりにも荒唐無稽なフィクションは白けてしまい逆に面白味を欠くこともあるとは思いますが。

大詰めの大坂の役編に入って、堺雅人さんの信繁(幸村)像が、いきなりぐぐっと貫禄が増して、驚きましたね。前までは切れ者で芯も通ってるけどどこか飄々としてふんわりしてたのが、格段に渋く日本一の兵らしい感じで、カッコいいです。ヒゲか?男の貫禄を決めるのはヒゲなのか?

ともあれ、この先、ラストに向かって、次回を観るのが待ち遠しいような、でも終わってしまうのが惜しいような、そんな心持ちであります。

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

我が子の七五三を祝いアメリカ大統領選の結果に固唾を飲む

20161109215154579.jpg
今日は休みを取り、我が子の七五三(男の子5歳)を祝いに大宮の氷川神社に詣ってきました。

無事、健康元気に5歳を迎えられたことの感謝、そしてこれからもすくすくと健やかに成長し、実りある人生を送れるよう、父として最善を尽くす気持ちを新たにしてきましたね。

お祝いということで、大宮のパレスホテルでフレンチのコースなど、家族で頂いて参りました。美味かったー。冒頭の写真は、その際に出てきた息子メニューの七五三お祝いプリンです。

さてさて、そんなささやかな我が家のイベントの一方で、世の中ではアメリカの大統領選において、とうとうトランプ大統領の誕生が現実になったことで持ちきりでしたね。
ちょうど食事の最中、どうなってるかと気になってTwitterやらスマートニュース見て、予想外の結果に私も驚いてました。

というか、今予想外と書きましたが、実はみんな予想はしてたのかも知れませんね。
現実になってしまったら大変なことになりそうなのでなってほしくないと願っていた「もしも」の話。なのに、ひょっとするとリアルになってしまいそうああーなりそう!と、得体の知れない何故か本能的に確信している未来を、なってほしくないがためにあれこれと理由を探してあり得ないことと思い込みたかった。そんなことを考えてしまいます。

まあ、言動は過激だけど単純でバカにも分かりやすいし、穏当ではあるけれど今とあまり変化も無さそうな未来より、ギャンブル的ではあるけどもしかしたら閉塞感を打破してくれるかも知れないほうに多くのアメリカの人たちはかけてみたかったと、そういうことなんですかね。そんなに閉塞感というか、現状に希望がない人がアメリカにも多いんだなあと、些か驚いております。

ともかく、トランプ大統領で確定したわけで、言っているとおりなら、日本の安全保障とかに根幹から影響出るかも知れませんし、経済などでも対米関係厳しくなりそうですから、色々と不安は募ります。まあ、パックンいわく、トランプはその場の勢いで言うだけ言ってるだけで、実際は何もしないし大して変わらないだろう(確かに長い歴史で多くのあれこれが積み重なった上での今の構造にそんな簡単に変えられるものでも無いとは思いますしね)という見方も有力そうですけどね。

我が子がこれから生きていく世界、願わくば少しでも今より住み良い世界、幸せを噛み締められる世界になりますよう。また、どんな困難でも逞しく、主体的な意思の力で前向きに荒波を乗り越えていけるような翼を持つ人間に育ってくれるよう、精一杯助け導いてあげたい、守ってあげたいとも思います。
そんな七五三でした。

posted by tacryan at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

毎日blog書く習慣がついてきたところでgooブログからSeesaaに出戻りする

先月、Outputが足らんと久しぶりに一念発起して毎日blogを書こうと唐突に思い立ち、何故か今回は一ヶ月近くも一日も欠かさず更新が続いたので、習慣化できそうな気がする(いや、出来る。いや、やる。いやいや、やれた!)今日このごろです。

実は、心機一転してみたいという理由から新しいblogサービスを使ってみようと思い、「gooブログ」を立ち上げ、昨日まで1ヶ月近く更新してきてました。

「gooブログ」を選んだ理由としては、(とある個人的な事情もあったりするのですが)そもそも自分がblogを書く目的を今一度考えた時に、「日々の気付きやアイデア・考えなどを定期的にテキストでまとめてOutputする」というだけのシンプルな目的であって、別にアフィリエイトでウハウハ儲けよう!とかPVいっぱい稼いで注目集めたい!みたいな生々しい動機まではそんなにない(ちっとも無いとまでは言わないw)という結論なんですよね。

なので、実は自分にとっては別にそんなに高機能である必要はなく、簡単でシンプルなサービスでよくて、とにかく気持ちよく書けたらいいだけだよなあと。

そんな時に、「gooブログ」は機能的にはシンプルだけど、割と単に更新するだけならアプリもあるしUI的にも見やすく簡単だし、何よりも安心感(!)がありますしね。

・・・ですが、しばらく使ってるとやっぱり、デザインもあれこれ弄りたくなる気持ちも湧いてきますし、細かいところで微妙に融通が利かない面もチラホラ見えてきて、微妙に手が届かない痒い気持ちが湧いてきてしまいました。

デザイン変えようと思って、ついでにHTMLやCSSを今一度軽く勉強がてらとも思い、初月無料なのも活用して「gooブログアドバンス」も試してみましたが、一例としてはこういうところとかですね。
HTMLいじれるといっても、スクリプトタグは使えないらしいため、自由度高いはずのカスタムテンプレがなんと、出来合いのテンプレート使ってたら出来ることが出来ないということになっているっぽくて。まあ自分が無知のため上手いやり方を見つけられてないというだけかもしれませんけどね。

で、またよく考えてみたら、HTMLやCSSの弄り方勉強するには別に「gooブログ」でなくても良いんですよね。
別に多少高機能であっても、Seesaaレベルくらいなら自分には使いこなせないというほどではないし、であれば本来の「日々の気付きやアイデア・考えなどを定期的にテキストでまとめてOutputする」という目的を果たす上で、Seesaaであることが別に何の支障にもならないわけです。

大体、「日々の気付きやアイデア・考えなどを定期的にテキストでまとめてOutputする」が出来るかどうかは、サービスの機能には関係なく、自分自身の問題ですよね。俺ってバカやん。

そんなわけで、相も変わらず迷走する自分にうんざりではありますが、今一度この「Seesaaブログ」に戻ってきました。
ついでに心機一転、テンプレートをシンプルなやつに変えてみた。今までのやつ8年くらい前にゴチャゴチャいじってグダグダのままだったのでスッキリさせるため。
せっかく毎日更新の習慣がついてきたところなので、今一度気持ちを新たに、blogを楽しんでいきたいと思います(この一ヶ月にgooブログで書いたエントリーもそのうちこっちにインポートしておこうと思います勿体無いので)。

ちなみに、誤解の無いように書いておきますが「gooブログ」も良いサービスだと思いますよ。使ってて決して致命的な不満があったわけではありません。更新時のレスポンスもいいし、管理画面のUIもスッキリしてて使いやすいので、手軽にブログやるにはとても良いサービスだと思います。

ただ、ある程度自由にカスタマイズしたいと思った時に、良くも悪くも微妙に自由度が狭くなっているため、自分にとっては、思いっきりやるには些かマッチしないかなあという判断だっただけです。

無駄に自由度高くしちゃうと知識が不十分なユーザーにはかえって使いにくくなることもあるため、狙っているメインのターゲットユーザー層のことも考えて、あえて機能を削ぎ落としてる狙いも考えられますしね。
この辺はでも、難しいところですよねえ。

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

予期せぬ危険から我が子を守るための危機管理意識を強く持ちたい

作業用白熱灯つけ発火か=男児死亡の神宮外苑火災―警視庁

お亡くなりになった男の子がまだ5つ、お父さんの年齢も自分と同じ世代ということで、本当にいたましく、胸が痛くなる事件です。

例えば、愛する息子のためと思って一緒に遊びに連れてきてあげてたのかなと思うと、こんな悲劇に遭遇して、自分だったらどんな気持ちか・・・想像するだけで、張り裂けそうな気持ちがやみません。

おがくずと電球で5歳児を焼死させた東京デザインウィークの何が問題なのか? - shi3zの長文日記

イベント主催者側の危機意識、管理体制の甘さを指摘されている記事も読み、他人事のように自分たちのイベントを盛り上げようとだけ考えて安易な運営していたのだとしたら、その責任は是非追及していただきたいし、同じような悲劇は繰り返してはならないとも思います。

同時に、どこにどのような危険が潜んでいるかわからないわけで、子を持つ親の身としては危機管理意識を常に怠らず、自分の子供がクリティカルな危険に会わないよう、十分配慮して我が子を守ってあげたいと強く思った次第です。
まあ、あまりにも過保護であらゆる危険からのべつ幕なし遠ざけるのは、却って子供がひ弱になる原因にはなりますので、過剰にはならないようにはするけれども。リスク・コントロール。

ともあれ、このような悲劇は決して繰り返されないよう、しっかりと原因究明と対策に努めていただきたいと思います。
posted by tacryan at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

プリンタEP-808買いました

image/_user_image_73_02_37a91ec55594956bf75b94a5b52c1ff1.jpg

今まで使っていたプリンタ(2004年ごろ購入)が、どんなにヘッドクリーニングして印刷しても目詰まりが完全には解消されなくなり、さすがに寿命かなということで、新しいプリンタを買いました。

選んだのはEP-808A、こちらの通販で購入。
http://sp.nttxstore.jp/_II_EP15169038

モデルとしては昨年のやつで、毎年恒例秋の新製品で後継の最新モデルが出たばかりなので型落ちですが、ちょっと調べてみると本体サイズが小さくなった以外は、印刷品質や性能・機能面では大きな違いは無さそうだったので、値段的に半額となるこちらをチョイス。ていうか、スキャナもついてコピーも出来て無線LANで印刷出来るプリンタが13000ちょいで買えるとか、10年ぶりにプリンタ買うにあたり、浦島太郎的にマジビックリですよ。

実は私、社会人として初めて仕事したのがエプソンのプリンタのサポートで、もう15年以上前の話にはなりますが、それ以来プリンタはずっとエプソンのやつ使ってます。
別にそこまで愛があるってほどでは無いんですが、なんとなく使い勝手が慣れたのか、いざ買おうとなると結局エプソン。

とはいえ、当時と今とでは、色んな大きな違いはありますよね。

まず、複合機が当たり前になったこと。自分がサポートしてたころ、初めて複合機が出てきたばかりだった記憶がありますが、今や複合機のほうが普通ですものね。昔はプリンタとスキャナと別々に買って、それぞれPCに接続して、PC経由でコピー出来て「わーすごい」とか呑気に面白がってたものですが、PCすら不要で簡単にコピー機として使えるとかやはり凄い便利です。

また、当たり前のように無線LAN経由で印刷出来るのも、当時からすれば驚きの進歩ですね。
自分がサポートやってたころは、そもそもWi-Fiなぞ無くてLANは有線が当たり前。しかもプリントサーバーが必要で、オフィスのレーザープリンタはともかく、家庭用は必ずいずれかのPCに繋げて、そこをサーバーとして経由して印刷する必要がありましたもんね。レーザーでもプリントサーバーのカードが別途何万円とかで必要だったりした時代。
それが今や一万するかしないかのマシンでも、普通にWi-Fiに繋いで、PCなんか起動しなくてもWi-Fi経由でスマホからジョブキュー飛ばせるとか、当時からすれば非常に驚きのことなんですよねえ。
しかも、こんな色々ついた機械が、13000円!10年前は20000円ちょいでスキャナも付いてないただのプリンタ買ってお得な気分になった記憶なんですが、すごいですねえ。

ちなみにネットワーク印刷のサポートなんかもやらなきゃならんかったお陰で、基礎的なTCP/IPとかの知識覚えられたのは、今となってはありがたい話。

ま、そんな思い出もありつつ、本日ものが届きましたので、開封の儀。

image/_user_image_19_05_aead49f3bbf3bc099a4c441d88079f4c.jpg

スタートガイド軽く眺めると、ほんとにPC無しでのセットアップ方法なんかがドーンと紙面割いて書いてあるんですよね。うーん、スマホ時代だ。

まあ自分の場合は、昔ながらにPCも使いたいので、同梱のセットアップディスクを使ってPCと一緒にセットアップ。
昔はねえ、プリンタドライバインストールするときのUSBの認識が鬼門でねえ。うまく認識しなかったり、あれこれやってるうちにおかしくなって、よく問い合わせを受けたもんですが…今は無線LAN経由だからUSBとかも要らんのか!
なんかよく分からないうちに、ディスクの手順どおりやってたらいつの間にかドライバとかもセットアップ完了したみたい。何がどうなったのかイマイチわからんのは少し気持ち悪いですが、とりあえず上手くはいったみたいで。
無線LANのプリンタの設定だけ上手くいきませんでしたが、そこはプリンタ本体から改めて設定して無事に完了。

テスト印刷してみて…無事に印刷できました!

その後、本体でのコピーと、スマホにアプリインストールしてスマホからの直接印刷を試して、どれも正常にできること確認。
細かいバンドルソフトやら、さまざまな印刷のやり方などわからんところはまだまだありますが、その辺は追々必要に応じ覚えていくとして、本日はこんなところで終了。

プリンタ自体は基本的なところは今も昔も変わらない(未だに印刷がかすれるとか色味がおかしいとかでヘッド詰まりが多いのは変わってないらしく、でかでかとそれだけ書いた補足説明のチラシが1枚入ってたw)ですが、複合機になってたり、無線LAN当たり前になっているなど、進歩をひしひしと感じましたよ。

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/Hard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

家バーベキュー(※写真は全然関係ない)

image/_user_image_2f_d7_b7cfd2165458c175b5651d83e38e8eeb.jpg

画像は記事内容とは全く関係ない、先日寄せ植えた多肉の鉢植えです、こんばんわ。

今日は、我が家の庭で、うちの家族と、隣に住んでる奥さんのお父さんお母さん夫婦(じいちゃんばあちゃん) とで、バーベキューをしました。

朝方は曇ってて若干心配だったんですが、10時過ぎたらまさに雲の子散らして、凄く良い天気になり、絶好のバーベキュー日和でした。
今の家に越して来てから、時々こうしてバーベキューするんですが、こんなに天気が良かったことは、なかなか無いかなあ。

じいちゃんのご要望により、今回は焼肉用の肉だけじゃなく、ステーキ用の肉も買い込み。じいちゃん自慢の富士山の溶岩プレートでじわっと焼いたステーキ、旨かったですね。ていうかステーキという食い物自体、久々に食った。

ワインもいい感じに呑んで、椎茸焼きやら焼きリンゴやら肉以外にも色々食べて腹一杯。昼バーベキューにつき、その後イビキかいて昼寝。
いやあホント、贅沢な休日っした。

肉の写真でも撮っておけば、ブログの画像に使えたものを、飲み食いするのにかまけて何も写真撮らなかったのが失敗ですね。仕方ないので、冒頭の全然関係ない多肉寄せ植えの写真でゴマカシですw

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

懐かしゲーム思い出:アウトロイド


ふと、昔プレイしたゲームのことを唐突に思い出し懐かしくなったので、書いてみたいと思います。

アウトロイド。MSXという、PCなのかゲーム機なのかわかんない1980年代後半から90年代にかけて存在したマシンのゲームですね。

当時、自分は中1だったかな。ファミコンに代表される家庭用ゲームがブームになり、一方で同時に家庭のエンターテイメント向けのPCも大分市民権を得初めてきたころの話ですね。

中学に入って自分も当然のようにゲームにはまり、自分ではまだファミコン含めマシンを持ってなかったので、親にせがんでテスト頑張った名目で、MSX2を買ってもらいまして。

で、買った最初の頃に遊んだゲームのうちの1つが、このアウトロイドでした。

今じゃ想像しにくいと思いますが、MSXの最初の頃のソフトって、カセットテープに音声信号で記録されたものが発売されてたりしたんですよね。マシンにテープレコーダー繋いで、ロードすると、ピーガガーヒョロロローみたいな音が出て再生されるっていう。
で、今考えると、著作権とかホントにヌルヌルだったんだなあと呆れますが、何しろ普通に音声で録音されてるだけですから、ダビングすると簡単にコピー出来ちゃうという。
そんなわけで、友人から借りてダビングさせてもらって、しばし遊んでいたわけです。

内容としては、当時PCゲーでは流行りのARPGと思って遊んでましたが、経験値貯めてレベルアップとかではなく、アイテム見つけるとパワーアップする系でしたから、ちょっと違うかな?

某ボトムズみたいなロボットに乗り込んで操作して、敵のロボットと戦いつつ、人類を支配し殲滅しようとしてる巨大コンピューター、AIみたいなラスボス倒すという、某マトリックスやターミネーターみたいなストーリーのゲームでした。

この世紀末感漂うSF的な世界観が、なんとも言えないんですよね。自分はこういう感じのが好きなもので、前述したマトリックスなんかもはまった口でして。なのでこのゲームも大分お気に入りで遊びまくってはおりました。が…

実はこのゲーム、クリアは出来なかったんですよねえ。確か。最後の方になると結構ムズかったので、大分頑張ったんですけど、多分ラスボスの近くまでは行ったけど、その辺で諦めてしまってそのままだったと思います。

改めて上記のレビューサイトなど見てみると、ゲーム中のメッセージが全部英語ということで、大事なメッセージなど当時の私には理解出来なかったか、あるいはそもそも意味があることに気づいてなかった可能性があり、そのせいでクリア出来なかったのかもしれません。
まあ、いくら中学生とはいえ、頑張って辞書ひくなりすれば、意味する雰囲気だけでも全く理解出来んということは無かったと思うので、気がついてなかったか、めんどくさくてほっといたかですね。

結構自分は強引にゲーム進めるクセがあって、ゲームによっては通常の解法じゃないやり方で無理やりクリアしたりということもあったので。ですが、このゲームの場合は、それでは通用しなかったんですねきっと。

てなわけで、なんとなく悔いが残る思い出でもあるし、今みてもその世界観など好きな部類だし後世のゲームに通じる部分もあるので、機会があったら何十年ぶりかですがプレイしたいものです。そんな機会がいつ訪れるかわかりませんけどw

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

改めて考えてみると5位って凄いよアルディージャ


テレビで途中から観戦してました。
今シーズン最終節、ちょっと残念でしたね。有終の美を飾ること叶わず、順位も5位に下がって。

とはいえ、改めて考えてみると、今までJ1では毎年残留争い、過去最高が12位でしたっけ?そんなチームが、J2に落ちて、1年でJ1復帰したその年に、初めての一けた順位、それも年間5位でfinishというのは、ホント躍進と言ってもいいんじゃないでしょうか。
まあ確かに、復帰初年でJ1優勝とかしてるチームもありますけどね、さすがにそこまでは欲張り過ぎ、5位でも十分、凄いことだと思います。

思うのは、カテゴリー違っても、沢山勝って勝ちグセつけて良い雰囲気を作って持ってると、カテゴリー上がっても良い雰囲気保って想像以上に結果出るものなのかなあと。

逆にそう考えると、これまでに培ってきた雰囲気ややり方だけでは通用しない域まで乗り越えようとしたときに、うまくいかなくてもがき苦しむうちにズルズルと逆に悪い雰囲気になって今より低迷することになりがちなので、そういう意味でも来年は正念場であり、そこに向けて一層いい感じで立ち向かうためには、天皇杯でやりきる、来年もやれると思えるような結果を出すことも、大事になってきそうです。

2008年に大宮に引っ越してきて、そこからアルディージャの試合観るようになりましたが、少しずつではあるしたまに迷走することもあるけども、トータルで見れば、地道ではあるけど着実に当時よりもしっかり進化してきてると思います。
さらなる飛躍が、楽しみです。

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

言い出したからにはやりきる覚悟で自分を信じて楽しくやるのだ

仕事の合間に、ブログカスタマイズのサイトなど見ながら、htmlの基本のキを少しだけ勉強しておりました。一応IT、Web関係の仕事の端くれで飯を食っているのに、今更ながらというね。

まあ決して仕事中に関係ないことしてるわけではなくw、実は今度仕事で、ブログ活用してとあるコンテンツ作りましょうなんてことを自分から言い出してまして、その関係もあり今チラホラと研究しているのもあります。
なんとなくジャストアイデアで勢いで提案しちゃった手前なんですが、ちと簡単に考えすぎてたかなあと、今になって若干しくじったかなー感もあったりなかったり。

まあでも、アイデアとしてはいいと思ってるし、やる価値はあるプロジェクトだと信じて、言い出したからにはやりきる覚悟で頑張らないとなあと思う次第であります。
途中で投げ出さないこと。これを完遂できれば、またひとつスキルも自信も付くと思うしね。楽しんでいきたいです。

今日はこの辺で。
ではでは。
posted by tacryan at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする