エドワウの声が落ち着いたシャアのまんまで哀しみのアルテイシア

以前にスカパー!で録画しておいた「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」、仕事帰りの電車の中で観ました。


世間は4作目の上映中なところ、今さらなんですけどね。

コミックスは持ってるので、当然ながら話の内容は知ってたわけなんですが、改めて映像で観ても、やはり面白いですね。
エドワウ時代の話は、オリジンの中でも地味なところなので、実はそれが故に自分の中で優先度下がってたというか、今まで観るの遅くしてしまったわけなんですが、いざ観たら結構集中切らさず観れました。

オリジンは元祖と違って、登場人物がありえんくらいに若いこともなくまあありえるかなーぐらいにはリアルに見直してあって、政治劇や人物ドラマの見せ方も大人向けになってる分、大人になった今観ても無理を感じず素直に観れて、ありがたいです。
ま、元祖は元祖で、その辺ツッコミを入れつつ楽しめますけどね。

ただ一点気になったのが、若き日のエドワウ(シャアまたはキャスバルまたはノースリーブグラサン)の声が、さすがに池田 秀一さんの声では、落ち着き渋すぎて逆に違和感あったかなーという気はしましたね。
とはいえまあ、別の声優さんにしたらそれはそれで違う!って感じになるかと思いますし、難しいところですよね。

ドズルさんもラルさんもカッコいいし、この後は戦闘シーン、モビルスーツもいよいよ沢山出てくるし、続く3作目(既に録画済み)観るのも今から楽しみです。

…世の中は4作目の上映中が旬の話題だと思うので、繰り返しますが、今さらなんですけどね。

ていうか最近目にする噂は「君の名は」から「この世界の片隅に」の話題ばかりで、ガンダムオリジンのしかも2作目3作目のことを取り上げるのは、だいぶ隔世の感は否めないんですけどね。

まあマイペースでということで。
ではでは。

  • 20161122232106111.jpg