VB重過ぐる・・・と思って設定をいじくってみる

奥さんと同居に当たって、奥さんのPCにウイルスソフトを入れて欲しいとのことで、ずっとなんとなく使ってるウイルスバスターが2008なら1ライセンスで3台までインスコ可とヘルプに書いてあったので、先日アップデートしたんですね。

ところが、これをアップデートしてからというもの、どうにもPCが重くてかなわない。

このPCも2002年から既に6年も使ってますんで、スペック的にきつくなってきてるのはわかる。CPUもNorthwoodコアPen4の2Gだし、メモリも768しか積んでないし(ちなみにこないだ勢いで増量しようとしたけど、最大で1Gまでしか積めんということだったので、アホくさくて止めた)。それはわかるがしかし、そうそう直ぐに新しいPCを導入というわけにもいかないわけで、さてさてどうしたものかなと。

無線LAN導入のところでまたPCパワー使ってる部分もあるのかとも思うが、メゾネットタイプ2階建ての2階にオレの部屋があり、Bフレッツの終端装置は1階のリビングに設置してもらってしまったところで、無線外すわけにもいかないしねえ。

・・・と思って、これはとうとうセキュリティソフトも乗換えを検討か~?なんて悶々としてたんですが、先ほど、なんとかどうにかならんかなと思ってVBの設定をいじってましたら、「不正変更の監視」と「無線LANパトロール」、「ホームネットワーク管理」という3項目がデフォで有効になってたんで、えいやっとばかりに無効にしてみたら、超爆激烈的に動作が軽快になってくれました!!!

つか、「ホームネットワーク管理」とかって、「同一ネットワーク上の他のPCのウイルス検索やアップデートを実行できる」とかいって、どうしろっていうんですかね。奥さんのPCにもVB入れてあるわけだから、そっちはそっちでチェックもアップデートもしてくれりゃあいい話だから、思いっきり無駄な機能だったわけですな。無線LAN監視だって、勝手にうちの無線に接続してくるアフォがいないかどうかを監視してくれるってことでしょうが、それも別に自分で気をつけてチェックしておけばいいだけだしねえ。

もう少し分析してみると、ホントに問題だったのは、「ホームネットワーク管理」っぽい。ま、PCわからないお子様とかウイルス対策無頓着な家族の分もリモートでウイルスチェック管理できるようにって機能なのか知らんけど、そんなんオヤジが直接PCいじってやってやりゃあいい話だし、自分できちんと最低限ウイルス対策できるリテラシーが身に付かんガキには、自由に使えるPCなんか与えちゃいかんって話だわな(あ、おじいちゃんおばあちゃんってパターンもあるか・・・)。

この機能をきっちり使えるためには、最新の高スペックなPCが必要ってことね。つか、こういう機能がデフォで有効になってるなんて、どんだけ金満な環境を想定して設定を決めてるんだろね。こんな設定、大抵の人がわからんと思うし、それでPCが重い重いとか困って、無駄に使いこなせもしない高機能PCを買わされる訳ですね。

・・・あ、でもやっぱり新しいPCは欲しいなあ(´・ω・`)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック