ニポンの著作権法ではあまり悩まなくてすむ話なんですよね

[WSJ] RIAAのP2P訴訟、「配信可能化は著作権侵害か」が焦点に - ITmedia News

「配信」でなくて「送信」(送信可能化権)というタームになってるけど、ニポンの著作権法ではこの「送信可能化権」も、著作権者(権利を持ってる人。必ずしも著作物を作った人本人と同じとは限らない)に認められる権利として定められてます。なので、ニポンの場合は、著作物を勝手に送信可能な状態に置くこと(つまりP2Pとかで不特定の人にダウンロード可能な状態にしておくこと)自体、違法の可能性が高くなります。

だけど、この「送信可能化権」って、アメリカでは特に法的に明文化されてるものじゃないんだよね。その上で、裁判でこういう議論が出てくるってのは、どう判断されるのか興味があるところ。

「フェニックスの連邦地裁が、楽曲を配信可能にすることは著作権侵害に当たらないとする判決を下した」ってことのようで、それを受けてこの記事の件も再度審理されて、もしかしたら配信可能にするだけじゃ著作権侵害にならないという方向に傾く可能性も高いらしいので、ニポンの場合と違うくなっちゃうんですけどね。

さてさて、どうなることやら。
個人的には、多少著作権者の利権を制限して、著作物流通の風通し良くなったほうが、長い目では活性化するんではと思ってますけどね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105024718
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック