飛んだ

結構、酔ったらしい。

またしても、川崎駅前の改札出たところで、
酔いつぶれて、寝た。

つもりが

なぜか、目が覚めたら、
立川でした。

あれ・・・?

あれれ?

はじめて、
完全に記憶が飛んでいる状態を
経験した

改札のところの、立川駅という表示の前で、
一人で笑ってました。
そのときオレは、
きっとものすごく怪しい人だったに違いない

追伸:改札出るときの記憶はなんとなくあって、
    自動改札、定期が通らなくて、駅員に
    「定期で出れるはずなんだけど、ここ川崎だよね!?」
    とか何とか言って、追加運賃払いもせず、改札出たとこで力尽きたのは憶えてる   
    駅員さんごめんなさい
    よっぽど酔いどれ状態だったんでしょうかね

この記事へのコメント

  • tacryan

    はい、朝まで寝てました
    しかも、オレの中では、川崎駅だったんで
    まあ、立川からならすぐなんで、帰りやすくてよかったけど
    「ここはどこ?私はだあれ?」
    ほんとにそんな感じだったよ

    野宿が癖になりそうだ
    2004年09月01日 23:49
  • ゆめ

    昨日はお疲れ様でした。

    もしかして、朝まで立川の駅で寝てたんですか?
    どぉしようもないね??
    私もそんなに飲んだ記憶はないけど、吐きそうになりながらチャリンコこいで家に帰ったよ。
    なにはともあれ、お大事に。
    2004年09月01日 13:24

この記事へのトラックバック