2007年10月24日

知識の新陳代謝も活性化することが大事

404 Blog Not Found:知識を呪いから使い魔に変えるオレナリの方法

いくら知識ばかりを詰め込もうとしても自分がちっとも凄くなった気がしないのは、inputばかりでoutputが足りないからなのね。容量には限界があるんだから、inputを処理するたびに領域を開放していくことで、さらにinputさせることが可能。しかも、outputという処理に際しては得た知識を咀嚼し、熟成して、新たな価値を創造しようと無意識でも頑張るわけだから、さらに効果が上がる。

仕事をしてると、全然こんなこと考えたこと無いけど、確かにそういうサイクルを否が応でもやってるみたい。自然と、仕事のエリアでは昔の自分に比べて飛躍的に凄くなってる実感があるが・・・さらにこれを意識してみることで、もう少しだけ、凄い自分により近づけるかも知れませんね。

posted by tacryan at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138716753
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック