2007年10月31日

確かにいいですなあ

はてなダイアリーこの半年 - jkondoの日記

2年位前に使ってみたときはあんまり馴染まなかったけど、最近はてダも書くようになって、コレばっかりだw

確かに、管理画面開かずにちょちょいと投稿できたりてのは、エントリー書くという行動を実行する敷居を低くしてくれて、メモ程度ならすぐに書けるし、後から見直しててちょちょいと加筆修正する気もなりやすい(今書いてるのも後から編集だし)。

前に使ったときは記法とかどうもやりにくいように感じたんだけど、故あって仕事上の必要からWikiなんぞをいじっている最近では、精神的障壁が大分取り払われてるらしく、そんなに苦に感じない。

軽く分析してみれば、やはりblogなんぞというものを書くという行為を実際に実行するにあたっては、精神的障壁(めんどくさい、時間が取られる、わかりにくい気がする・・・など)の影響が非常に大きいわけで、自分なんかは特にその比重が大きいわけで(文章そんなに書けない訳でもなくネタを集められないわけでもないし思い浮かばないわけでもないのにあんまりblog書かない)。

まあそれは精神的に薄弱なんだなんて自虐に浸るもあるけれど、今使ってるこのはてダに関しては、

 @「その場編集」によりエントリ書こうと思ってから実際に行動に移す際のモチベーションや時間取られる的なところでの精神的障壁を取り払ってくれている

 A自分の経験値が上がったことにより、記法への精神的障壁が取り払われた。

というところなんだろうな。基本的には、はてダの無骨なイメージ、好きだし。

posted by tacryan at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138716771
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック