2007年12月05日

「それはおかしい」と感じたら

「それはおかしい」と感じたこと、単にそれを指摘するだけなら誰でもできる。大事なのは、「どこがどうおかしいのか」という分析と、「どうすればおかしくなくなるのか」という洞察も含めて指摘するよう、促すこと。

単に感覚だけの「おかしい」では、何も変わらないわけで。勿論、ここで言う「変わらない」の対象は、指摘されたものと同時に、指摘した本人自身のことも含まれていることは、言うまでもないわけで。

posted by tacryan at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138716833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック