新基準たってやっぱり曖昧な・・・

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/29/news076.html


 「真実でないと知りながら発信した場合か、インターネット個人利用者に要求される水準の事実確認を行わずに発信した場合に、名誉毀損罪が成立する」との新たな基準を示した。


つってもなあ・・・今度は「インターネット個人利用者に要求される水準の事実確認」が一体なんだよって話になるんだろうね。


男性が企業の登記簿や雑誌の記事などの情報収集を行っていたことを指摘し、「インターネットの個人利用者として要求される水準の事実確認は行っていた」と判断。「名誉毀損には当たらない」と結論付けた。


てことらしいので、これが基準にはなるんだろうが、一プロバイダにはやっぱり、調べるのは難しい話だわな。悩ましいのう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック