「炎上」なんておかずみたいなものと考えればちょっとは楽になる(かも)

特にネタもないので、ちと古いけど、こないだ見たITmediaの記事などについて
雑感などを弄ってみます。

ITmedia News:なぜ起こる? 「炎上」の力学 (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/04/news012.html
 
 
  
 
仕事でWebコミュニケーション系のサービスになんとなく携わってるだけに、
軽く興味が引かれた記事ですね。
ちなみに/.Jでも軽く話題になってたりしてましたね。
http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=06/09/04/0755214&from=rss

個人的にそういうのに直面したことは、これまでは幸いながら(?)
無いんですけど、そういう状態の場面については、仕事柄、
たくさーん見てきてるような気がします。
ブログという場に限らずね。

で、まあ、そういう「炎上」が発生する原因として、上の記事では、
次のような原因があると分析されてらっしゃるようですね。

----------------------------------------------------------------------
 ・いじめや反社会的な行為などを自慢するような書き込み
 ・意見が割れている微妙な問題に関して、知識があまりないにも関わらず、
  よく知っている風に書いてしまう
 ・根拠もないことで非難・侮辱したり、断言する
 ・身分を偽ってブログを書く(素人のふりをした企業のやらせブログ)
----------------------------------------------------------------------

で、確かに上に書いてあるのはそのとおりだと思います。
他にオイラがよく目にするものだと、たとえば違法なイケナイことを
堂々と書いて自慢してたりとか、シレっと他人のパクリしてるとか。

基本的には、やっぱ「炎上」する火元は、ちゃんと燃えるだけの
他人にネガティブな(とは限らないんですけど)感情を持たせるだけの
「何か」があるんですよね。
一番多いのは、やっぱり、他を貶めて自の価値を高く見せようとする、
歪んだ自己実現(というか肯定)に走ってるのがアレゲなようです。

ただ、個人的には「炎上」そのものに関しては、実はそんなに
悲観することでは無いとも思うわけです。
みんなに注目されてるって証なんですし。
非難とか否定的な意見であったって、ネットで発言するということは
基本的にそういうこと。
それはそれとして受け止めて、建設的に意見を交換していけば
いいではないですか、と。
(まあ感情的杉だったり面白半分なテキトウなものも多いので
 あれなんですが、それはまあ、ね・・・なんだ、
 ロナウジーニョばりの華麗なスルーで)
自分に反対する意見が寄せられるっていう、リスク(?)は承知じゃ無きゃ
ブログとかって本来、書くべきものじゃないかも、なんですよね。。。

ネットって、自己表現・自己実現(らしきもの)をこれまでに無いくらい
簡単に実感できるようにしてくれてるわけで、
ブログであれ掲示板のようなコミュニティーサイトであれ、
いまやたくさんの人が情報発信・意見の表明や交換をしてるわけですけど、
こういうところが結局きちんと認識できないまま、
なんとなくネットに漂ってる人が未だにかなりの割合でいるんだなーって。
そういうことなんだろうなと思いますた。

そういう自分も、はっきりとこういうこと意識したのって、
今みたいな仕事始めて大分経ったころではありますけどねw
あー怖い怖い (*´Д`)

ちなみに、ネットで擦れてくると(ということなのかどうかわからんが)、
意図的にそういう「炎上」しがちなこと書いて、
アレルギー的に反応してくる人を愉しむ
俗に言う「釣り」という行為に走る人もあるわけで。
耐性が出来てしまえばなんてこと無いんですけど、
慣れてない人にはツライよね。
しかしながら、カッとなって反応しちゃうのは、
ミイラ取りが即ミイラみたいなもんなわけで。負けみたいなもんなわけで。
でも、反応しちゃうんですよね~。条件反射なんでしょうね・・・

この辺をどうするか、なんてのも、
今後の課題なんだろうな~なんて思ってみたりします。
リアルでもおんなじだと思うんだけどね。
ネット特有の匿名的な側面が、悪く働いてる事例なのかな?

さ、そんなわけで、なんか結局、言いたいことの半分も論じれなかった
気もするし、うまいことも面白いことも独創的なことも書けてなくて
だからどうしたと自分で自分に突っ込みたい気持ちもありますが。

寝ます。
眠いし (´・ω・`)
 
 
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24099720
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック