2016年10月13日

書き留めるということと、書くということ

日曜日あたりからひいていた風邪が、一昨日あたりから鼻と喉にきて、鼻水は止まらないし鼻詰まりも酷いし、喉が痛くて咳もしばしばという塩梅で、いささかしんどい今日この頃です。
いい加減そろそろ快方に向かって欲しいもの。

ちょっと思い付いたことや、ニュース見て条件反射的に思ったことなど、Twitterになるべくリアルタイムで書き留めるようにしています。昨日から(笑)。
これはもう割りと、ちょっとした意識付けで、目に見えてやるようになるんですね。自分に少しだけビックリ。
8年くらい前にも1度それが出来てた時期があったんですが、当時はPCがメインだったのですね。なので、いざ今やってみると、スマホというパーソナルデバイスがいかに便利なものか、久しぶりに肌感覚として実感しました。

ただ、blogとなると、そうは簡単にはいかないですね。何せ、ある程度まとまった思考を文章にまとめないと、Twitterで全部済んでしまいますから。

あまりにもプライベートすぎる日々のたわいもない出来事を綴った日記だと、SNSのほうが書く場としてはふさわしいと私は思いますし。

まとまった記事に出来るネタを拾えるよう、感度を高めること。それと同時に、ネタを膨らませるためにどうしたらいいか考えるクセを付けること。そんなところが必要なんだろうなと、今日の気付きとしておきます。

あー早く風邪治ってくれい。
ではでは。
posted by tacryan at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443804374
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック