リーダーシップとはなんぞや的な研修を受けてきました

昨日今日と、社外でまるっと2日間、チーム作りとリーダーシップとはなんぞや的な研修を受けてきました。

今年の冬にも1度、同じリーダーシップ関係の研修を受けたことがあるのですが、前のやつは「7つの習慣」をベースにビジョンの重要性や計画など理念や理論的な部分がメインだったのに比べ、今回のはチームビルディング、コミュニケーションや信頼関係の構築など、より具体的かつ実践的でメンバー間の関係性の調整にどちらかというと比重を割いた内容で、また新たな気付きを得られたかなと思います。

印象に残ったというか、自分に足りない、役立ちそうと思ったところを、今のうちに記憶引っ張り出してメモ。

  • チームのステージング、タックマンモデル。形成期、混乱期、統一期、機能期、散会期。ステージングごとにポイント、リーダーの気を付けるべきところは異なってくる。日々チームの状況は変わるので、状況を的確に把握し、振る舞いを調整する。
  • コミュニケーション大事なのは当然。そのベース作りとして、何気なく相手のことを肯定的に認識していることを(気にかけていること)をこまめに伝えて積み重ねる「ストローク」大事。
  • 信頼関係構築の要諦は、「好かれなくても良い」から、「嫌われないようにする」こと。信頼を積み重ねるのは急激には出来ず日々小さな積み重ねしかないが、信頼を損ねるのは一瞬なので。
  • コツとして「Yes,but」ではなく「Yes,and」。
  • まずは相手(部下、利害関係者)の話をしっかり聞いて正確に理解し、それを相手に認識してもらうこと。共感。なお、同情や同調ではないし、同情や同調はしてはいけない。ただあるがままに理解して判断はニュートラルにしておくことが肝心。
  • その上で、理解し共通認識とできた事実に対して、目標・理想とのギャップをどう埋められるかを、一緒になって考える。自分が全部解決しようとしなくていい、ていうかそれは間違い。

とかとか。

昨日今日聞いたやったばかりのことなのに、もう既にチラホラ記憶が抜けてる部分がありますね。ガーン。明日にでもまた、テキスト読み返して復習しとこうと思います。

アドラーさんの課題の分離その他もろもろや、7つの習慣もリンクさせながら考えると、なるほどなあと理解が深まるところも沢山ありそうです。ま、時間管理のマトリクスとかも研修に出てきたしね。
講師の方もすごく楽しくリラックスできる雰囲気だったし、話も分かりやすくポイント押さえた講義だったので、素敵な2日間でした。

ものすごくざっくりした感想ですが、今日のところはこんな感じで。ざっくりでもなんでも、学びをすぐに文章に自分の言葉でまとめるなんてこと、今まで自分にはあまり無かった試みなもので。
ではでは。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック