そんなわけで人生初の大腸内視鏡検査を受けて参りました

健康診断で便潜血反応があったということで、戦々恐々たる思いで初体験。

何やらしんどいしんどいと聞いてましたが、事前に話を聞いたり、ネットで軽く体験談を見たりしたところによると、しんどい場合のポイントは2つ。

・腸の中を空っぽにするために液体の下剤を飲まされるが、やたらくそマズイ気持ち悪いものを2リットルも、しかも2時間以内で飲まなければならず、死にそう。

・内視鏡入れてく時に、何やら人によっては悶絶するほどに痛い

痛いって、どこがどう痛いのかあまり詳しい情報が無い得体の知れなさも相まって、かつて経験のある胃カメラの記憶もあり、検査が決まってから今日までなんとも憂鬱な思いを抱えて過ごしてきたわけですが、それも今日で終わり。勿論、もっと本質的に悪性の腫瘍が見つかったりしちゃったらどうしようというのもあり、ここ一ヶ月あまり微妙に悶々としておりました。

迎えた本番、昨夜は21時以降絶食、夜に錠剤の下剤飲んで寝ろということだったのですが、元から腹が弱い体質に寝る前に下剤なんか飲んで夜中寝れなくなるほどにトイレに籠る羽目になっても嫌なので、下剤は朝飲むことにして就寝。

朝いつもの起床時刻6時半にいつも通り目覚まし鳴ったので、下剤飲む。大概、何もしなくても朝1〜2回、会社着いて1〜2回トイレに駆け込み、便秘とは無縁なので、登院12時までには大体腹も空になるだろうとか思ってたら、今日に限って腹が平穏を保ち、あまりスッキリはせずに登院の羽目に。

仕方無いので、ゲロマズと噂の液体下剤を腹くくって飲みまくるしかないなと思い登院。

受付すんだあと、本来入院患者向けの空き病室に案内され、ここで噂の2時間2リットル一本勝負に気がねなく励めと。部屋にトイレもあり、これは良かったですね、普通の待合室とかだと落ち着かないし、トイレも専有しづらいですからね。

20161209231230867.jpg

そしてやってきました、噂のニフレック。誰もがゲロマズと言い、あまつさえ案内してくれた看護士さんからも「美味しくないですよ、頑張ってください」などと紹介される始末の無色透明な憎いあんちくしょう。

一体どれほどにマズイのか?観念して一口グビッと一気に飲んでみる…ん?言うほどマズくはなくね?

味は、塩気が少し濃いポカリ。そこに、そこはかとない妙なエグさ、そして少しネットリ、トロッとした液体。文句無しに美味いとは確かに言いがたいけど、吐きたくなるほどマズイってこともなく、ていうかむしろ、私的にはイケるくち?

というわけで、事前に大分ネガティブなイメージで刷り込みがあったことの反動か、意外なほどに自分にとっては苦もなく飲めました。味もそうですが、2時間2リットルとか普段そんなに飲み物飲む習慣がない人だと量が苦しいというのもあるみたいですが、自分は普段から結構ただの水を日中2リットルくらいは飲んでたりするので(痛風予備軍歴長いのですが水分補給しっかりやれと言われてる)、その点でも特にしんどさはあまりなかったかもなと思います。
調子乗ってクピクピ飲んでたら30分で半分の1リットルくらい飲んじゃったので、逆にペース抑えたくらい。飲んべえのビール飲むペースか。

ということで、iPadで読書しつつクピクピ飲み続けてたら、一時間ほどで遂にお通じ。でも時々腹壊すことも多い自分からすると、まだまだ余裕だなー…などと思ってたら、気がついたら3分に1回ペースでトイレに駆け込む状態に。

一時間半ほどで、大分空になってきたので、看護士さん呼んで状態確認してもらって、一発合格。ちなみに、流し忘れの不慮の事故を除き、あまり人に見られるなんてことないので、確認してもらうのはなんとも恥ずかしいというか気まずいですね。相手はプロとは言え…。

さてさて、その後まだお腹グルグルしてるため、しばし余韻を消化して(消化しすぎて最後は正真正銘の無色透明な水しか出なくなりますね。汚い話でごめんぴよ)、噂のケツのところに穴の空いた紙パンツに履き替え、本番の検査へ。

診察台に横向きに寝転がり、点滴打って鎮静剤を投与され、軽くボーッとしてきたので寝そうなぐらいにリラックスして、さていつ開始の声がかかるだろーとボーッとしてまして、ふとモニター見たら…あれ?いつの間に入ってきたの?なんと気がつかないうちに、しれっと私の大腸の中が画面に映し出されているじゃないですか。まじ全然気づかんかった。

胃カメラだと、入ってくるときに何をどうしてもオエッ!という強烈な抵抗を感じますので、その感覚で考えてたら、あまりにもな気づかれなさに拍子抜けでしたね。

しかも、別に痛いとかも全くない。体のポーズ変えたりすると聞いてたけど、そんな指示もない。なんか途中で1〜2度ほどそれとない体内の違和感は微かに感じたけど、驚くほどに穏やかに淡々と検査は進み、あっという間に終わってしまいました。

気になる検査結果ですが、多分良性なポリープが2〜3個ほど見つかったけど、別に悪性なものでもなさそうで、一応念のため組織採取して検査はするけど、特に今後の治療とか必要になることもないだろう、ということでした。まずは一安心。

ちなみに、いわゆる 痔 っぽいのが肛門にあるので、潜血反応が出たのはそれじゃね?ってことでした。これも大したことは無さそうってことだけど、いやあ、痔かあ…遂に。

そんなわけで、人生初の大腸内視鏡検査。びくびくしながら臨んだものの、特殊例かもしれませんが特にしんどい苦しい痛いということもなく終わり、結果も大過無さそうで、良かった良かったでした。
ではでは。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック