オルフェンズのモビルアーマー

日曜に真田丸とオルフェンズ録画して、その週の平日仕事帰りに電車の中で観るリズムなんですが、真田丸終わっちゃったので、リズム崩れちゃいますね。これも1つのロスかしら。

そんなわけで、今日はオルフェンズ観たのですが、モビルアーマーなんぞ出てきてから、物語の大きなところが動き出してきましたかね。とうとう厄祭戦のことが本格的に絡み出してきた予感。

あのモビルアーマー、名前はなんていうんでしょうね。それとも個体名は無い設定なのかな。気になる。

気になるといえば、三日月くんとオルガちゃんの間には、一体何があったんでしょうね。ナニユエあそこまで三日月君はオルガちんのために淡々と命かけれるのか。一方でオルガちん、急に大きくなった組織の上で、いささか右往左往というか、徐々に身の丈の苦しさなのか、縮こまってきちゃってる危うさが、たまりません。そして三日月との関係もこの先危うくなりそうな。

縮こまってるといえば、オルフェンズの話自体、太古の忌まわしき遺物である自律した人間殺戮マシーンとの戦いとか、確かに燃える展開にはなるんですけど、若干ちんまりしたといいますか、ありふれた設定、展開になっちゃいそうな危うさも感じます。個人的には嫌いじゃないんですけどね。でもここから最終的にビーム兵器なんかもありふれてきちゃうとかだと、せっかくのガッキンガッキンな売りが勿体ない気はしますね。もちろん、そうならない可能性も高いとは思いますが。でも既にガンダムだらけのテンプル展開にはなってきてるしなあ。

久しぶりに、というかこれまた自分にとって最初から今までリアルタイムに毎回観てる初めてのガンダムですから、これからも楽しんで観たいなあと思うので、是非これからもオルフェンズらしさで熱い展開を期待したいと思います。

今日のところはこんな感じで。
ではでは。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445091274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック