著作権がどうこうというより歩み寄りの姿勢が大事なんじゃないか?

・YouTubeの著作権対策、人力チェックよりも技術的解決を重視↑この辺と、

・「違法アップロードの対応は極めて不十分」国内24団体がYouTubeに訴え
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/08/02/16534.html
↑この辺で、

とにかくもう、意識が全く別の方向を向いてるんだろうなというお話。
あんまり好きな表現ではないんだけど、これも「こちら側」と「あちら側」の温度差ということなんだろうか?
ちなみに、こういう話題になると必ずと言っていいほど、現行の著作権法が時代にそぐわなくなってきてるとかいう話が出るけど、ではいったいどうすればいいのか?というところで「これはなるほど」とついうなずいてしまうような提案を見た記憶があまりないのは何故だろう?
・・・ま、見たいほうはナンボでもただで見たいことの言い訳、見せたくないほうはナンボでも自分らが儲けたいことの言い訳、ということなのかもしれんが。

みんな、もう少し歩み寄りましょうよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50473025
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック