2007年10月03日

ニッポンのスポーツ界のお偉いさん方の斜め右下っぷりには頭が垂れる

どうやら今年のセリーグは巨人が優勝した模様で、オイラの知り合いにも熱狂的ジャイアンツファンがいらっしゃいますが、本日球場で観戦してらしたようですから、そりゃあ喜びようもひとしおでございましょう。

ところで、最近では珍しくも無いことになっちゃってますが、なんとこの大一番の模様が、テレビ地上波では生中継されていなかった模様。

<日テレ>巨人―ヤクルト戦を地上波で生中継せず  livedoor スポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/3329668/

しかもこれ、東京ドームでのホームゲームだから、当然日テレが放映権を持ってるのにも関わらずなんだよね。正直、一昔前では考えられないこと。
確かに、ここ何年か巨人の試合とか見ててもつまらんというか、何故か巨人が弱いという一事だけで野球というスポーツ全体が、野球好き巨人好き以外にはあまり面白いもんには感じられなくなってた感はオイラも持ってましたけど、でもリーグ優勝を決めそうな大事な試合ですら生中継しないってのは、正直アフォかと。。。

どうも、メディアもひっくるめた日本のプロスポーツ界というのは、最近とみに変な気がする。前から変といえばそうなのかもしれないけど。連日朝ショーユーからシゴキ殺人事件まで取り組み以外の話題で持ちきりな相撲もそう。

外部の批判に耳を傾けない 相撲協会は存続の「土俵際」   livedoor スポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/3327798/

また、オイラの好きな川崎フロンターレも、J幹部の意味のわからない言いがかりにあって、泣きっ面に蜂状態だったという・・・

川崎F 8人入れ替え事情聴取へ | エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/sports/20070927061235/Sponichi_kfuln20070927002003.html

殺人的な日程の中である程度選手をローテーションすることなんか欧州あたりじゃ当然の話なのに、このズレっぷりには正直頭が下がります。そんな中、年を重ねるごとに何故かカッコよさに磨きがかかる不死鳥キング・カズ様の男前っぷりに今更ながら惚れ直してみたり。

カズ提唱Jを世界基準に ベストメンバー規定撤廃要請へ…川崎ターンオーバー問題
livedoor スポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/3328297/

どうもニッポンのスポーツ界のお偉いさん方というのは、スポーツそのものを楽しみ楽しませることに決定的に能力に欠けてるんでは無いかと、今更ながら改めて思う。確かにプロスポーツもビジネスだし、大人の事情もあるんでしょうが、それでもメリケンあたりでのプロスポーツの盛り上げ方、特にエライさん方が率先してファンを喜ばす方向で頑張ってる感が感じられるのに比べて、ニッポンのお偉方の斜め右下っぷりというのは、いやはやなんとも・・・

まあとにかく、野球にしろサッカーにしろ、せっかくファンやサポーターの裾野も広がり盛り上がってきてるところで、水を差すような真似はしてほしくないもんですなーなんて、オイラなんかも思ってみた次第でした。では、おやすみなさい。



ちなみに、巨人優勝のその陰で河原なんて往年の選手がひっそり戦力外通告という悲哀が、違った意味で泣けた。つか、Wikipedia更新はええw

河原に戦力外通告=プロ野球・西武(時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000154-jij-spo

河原純一 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E7%B4%94%E4%B8%80

posted by tacryan at 01:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58499168
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック