名前の意味もわからん変な権利で縛るというのはいかがなものか

著作権と別の「ネット権」創設を、角川歴彦氏ら参加のフォーラムが提言

ネット権?変なネーミングですねえ。そもそも何に関わる権利なんだか、さっぱりわかりません。

どうやら、テレビ番組などの著作物をネット配信するに当たって複雑な権利処理が必要なところを、間に一枚挟んで簡易化するのが狙いみたいなんですけど、これって日本の商業音楽で言うところのJASRACと同じポジションの団体を、わざわざ新しい法律作ってまで制度化しようってことなんですかね。とりあえずざっと見た限りでは、そうとしか読めなかったんですが、わざわざ法律作る必要あるの?

確かに、一元管理できるようになるというのは、手続きとか簡略されて巧い話のようにも思えますが、それはJASRAC見てもわかるように、現行の制度でもやろうと思えばやれる話。そこをわざわざ「ネット権」なんて変な権利を創設して、その管理者団体にだけ付与してやるっていうのは、むしろ原著作者たるクリエイターや消費者の自由や権利を制限できることをおおっぴらに法律で認めさせるってことにも理解できるわけで、正直、何がいいのかさっぱり私にはわからない。

そもそも「ネット権」って、ネーミングがマジ、意味がわからない。ネットを利用する権利のことかって、普通に日本語読んだら、そうなりますよね?あえてその権利が何の利益を守るものであるか、わけのわからん言葉で煙に巻こうとしてるようにすら思える。

現状での問題点を打開するために新しい制度を、って試みなのは評価できるけど、肝心の中身は、とても1ネットユーザーとして、やはり賛同はできかねる内容の模様です。はてブのコメント見ても、同じように逆に混乱してるか否定的な意見の人のほうが多くて、私の見方があながち他人と違ってないようで安心したけど、混迷するネット知財法制度に対してこんなもんぶつけてくる日本の「識者」って人々を見るに、根本的には暗澹たる思いですってばさ。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック