「Facebook」日本語版が出たらしいので

さて、いい加減昨日書こうと思ってたことでも書いてみますか。

「Facebook」日本語版公開 “実名交流”でmixi追撃 - ITmedia News


ということで、SNS「Facebook」の日本語版が公開されたとのこと。
太平洋越えたあちらのほうでは急激にシェアを伸ばしていて、GoogleやMSが相当な額で買収に動いたりとかもあり、ネット系のメディアでは色々ちらほら話題に上がってたんで気になってはいたけど、英語でのサービス提供しかないため、これまで個人的にはあまり深くは考えてなかったのですが、これでちょっと注目せざるを得ないかなと。

特に、アーリーアダプターなGeekさん界隈では色々話題になってるようで、その要因としては「競合SNSに先駆けて外部の開発者向けにプラットフォームを公開」したことによって「30万人を超える開発者が参加し、これまで2万以上のアプリケーションがユーザー公開され、今も1日当たり140のアプリが追加されているという」開発者コミュニティーにはウケがいい先進さとオープンさが受けてたみたいですね。イメージですけど。

ただ、さて日本で流行るだろうかっていうと・・・どうだろう?

特に、実名登録ってのは、日本の今の一般的なWebユーザーの実情だと、精神的なハードルが高いよね。というか、Web上の仮想人格と実社会での自分とをうまく使い分けられない人が多いからなぁ。

また、実社会で既に有名であり実名であることで既にマッチョな人とかならともかく、また仮に実名でも構わないと言う気概と覚悟があったとしても、日本のサラリーマンだと会社の就業規則などでWebで実名公開することに支障がある場合も多いしねぇ。実名晒して自分が誹謗中傷の的になるだけならまだ良くて、それで最悪解雇など実生活にまで支障をきたすとなると、ばれた時のことを考えて二の足を踏む人は多いかも。Webに詳しくない会社の上司や人事部の面々が、SNSの特性を理解しポジティブに捉えてくれるとも限らないし、そもそも理解してくれそうにも思えないしね。

なお、日本でのSNSユーザーの傾向については、以下のようなアンケート結果もあるようですしね。Facebookに足跡機能とかあるかどうかはまだわからんけど、人と人との繋がりに重点を置いたSNSですから、自分の行動がある程度他人にわかりやすくなってる部分は絶対あると思うし(しかも実名推奨)。

SNSの足跡機能、「監視されているようで嫌」が半数 - ITmedia News

それと、SNSといえばこんな記事も。

MySpaceで少女を自殺に追い込んだ女が起訴 - ITmedia News

まあ、これまで日本でもあった匿名性の悪用による成りすましが産んだ悲劇なんだけど、ではこういう悲劇が実名推奨なFacebookでは絶対に起きないのかといったら、ちょっと断言はできないですね。まだ、ようわからんけども。

というか、匿名による問題は起きないかもだけど、逆に言うと、実名なだけに実社会で起きるような問題が蒸し返されるだけで、それは単にWebになったというだけで解決できんのか?という意味で、心配は残る。今のところ目立たないのは、単にWebの先進的なサービスに敏感なアーリーアダプター層が、素直で善意を信じる良識に溢れた知的な人々が多いから顕在化してこないだけで、いわゆるキャズムを超えた瞬間にマジョリティの衆愚が発する大量のノイズを如何に差配するのか・・・という面では、特に真新しい部分は、今のところ見えないんだよね。ま、インターネット発祥からこっちずっと、先進的なサービスを作る人がある意味そういう人間(小市民)の邪気に無頓着というか無邪気なのは、最早伝統と化してる感すらあるけど(それで、規模が大きくなってから右往左往してるのは、googleにしてもMSにしてもはたまたはてなやmixiにしても、みんな同じ繰り返しをしてるようにも見えたり)。

そんなことは言いつつも、一応登録はしてみました。が・・・相も変わらず、こういうソーシャルメディアで何をすればいいかワカラナイw

なので、結局のところ、何の役に立つレビューもできなそうです^^;

ちなみに、Facebookがウケてる理由って、Twitterがウケた理由にもかぶる部分もありそうなんですけど、Twitterもあんまり自分の中ではさっぱり流行ってないんだよなあ・・・

Twitterにおけるあなたの存在価値--ユーザー動向から見えるもの:スペシャルレポート - CNET Japan

すんません、未だ誰もフォローしてないし、誰からもフォローされてないっす(´・ω・`)。そんなオイラのTwitterにおける存在価値って、一体何なんだ?www






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック