2008年05月28日

無意識の剣

人が人として生きていく中でそれがどんな大事な人であっても人を傷つけることは不可避なのだと改めて思い知らされる。自分がそこに思いを至らせることができない、どうしたって不完全な存在であることも。

ただ、仮に傷つけてしまったとしても、決して無意識だったからとか言い訳に走るのではなく、そのことをしっかりと受け止めつつ、どれだけそれ以上のGiveが与えられるのか。それは「やさしさ」と言ってもいいかも知れないし、あるいは「包容力」とか「度量」といった言葉で表現されるものかもしれないけど、せめて少しでもそういう人間であるよう努めていきたいなとは思うのです。

ありがとう。

posted by tacryan at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98614251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック