無意識の剣

人が人として生きていく中でそれがどんな大事な人であっても人を傷つけることは不可避なのだと改めて思い知らされる。自分がそこに思いを至らせることができない、どうしたって不完全な存在であることも。

ただ、仮に傷つけてしまったとしても、決して無意識だったからとか言い訳に走るのではなく、そのことをしっかりと受け止めつつ、どれだけそれ以上のGiveが与えられるのか。それは「やさしさ」と言ってもいいかも知れないし、あるいは「包容力」とか「度量」といった言葉で表現されるものかもしれないけど、せめて少しでもそういう人間であるよう努めていきたいなとは思うのです。

ありがとう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98614251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック