ついっただろうがなんだろうがWebコミュニティが抱える問題はいつも変わらないわけだ

Twitterとユーザー保護--あるブロガーへの嫌がらせをめぐる議論:スペシャルレポート - CNET Japan

ゆるいつながり、とりあえず思いついたことを言い放つ放置プレイっぷりが丁度よく気軽な情報発信の発散、みたいなところで、なんとなく何が面白いのかちょこーっとだけわかってきた言い放ちミニブログ系サービスですが、やっぱりユーザー間の紛争とかその辺は変わらないみたいで^^;

特に、誰に向けて言ってる発言なのか?とかあんまりハッキリわからない上に、気軽な言い放ちっぷりがうけてとんでもない数のテキトウ発言が氾濫してるわけだから、正直書き込みの内容に運営者は関与なんてしてらんないだろうよなあ。その辺のゆるさも特徴なのかも知れないけど。

また、spamもやっぱり多いですわな。特に誰と積極的に関わるでもなくテキトウにやってるだけのオイラのついったにも、何故か最近になってポツポツフォローが付いてきたんだけど、spamの割合が1/3はあるもんね。全く知らない外人さん(ツールか何かで自動的にフォローかけてるのかな?)がフォローしてくれるのは別に構わないんだけどね。勿論コミュニケーションはさっぱり取れないんだけど、チラチラ見てると英語の勉強にもなりそうだし(?)

結局、気楽そうに見えて、mixiなんかと同じにある程度のリテラシーがないとハマルのは難しいサービスなんだなーと思った。

まあ、そんだけ(´・ω・`)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック