2005年09月05日

選挙大人気(人気ってのとは違うか・・)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:衆院選「大いに関心」が61%…読売15万人調査(読売新聞).

>年代別でも若年層の関心度が高まっており、20歳代は同21ポイント増の39%、
 30歳代は同23ポイント増の48%となっている。

・・・あ、これって俺じゃーん・・・

まあしかし、なんでこんな注目が出るかっつーと、
やっぱり小泉総理の功罪なんだろうね。
「劇場政治」っつーの?
とりあえず盛り上げてくれる。
わかりやすーしね、バカにもわかる図式にしたいんだろなと。
わかり安すぎて、あくびが出るよ。

まあ何はともあれ、一般市民が政治に意識を高く持つのは、
どっちかっつーといいことでしょうな。
間違えた方向に流れなければ、ね。

さあ来週だ、選挙に行こう!!
(初めてなんでちょとドキドキ)
posted by tacryan at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

タイーホ キターーーー!!

[ライブドア]堀江社長ら逮捕 証取法違反容疑で東京地検
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1657253/

堀江社長ら、証取法違反で逮捕
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/23/news079.html

うはwwwww
とうとうここまで来ちゃいましたねぇ。

何かと騒がしてくれる人でしたけど、
今回は飛びっきりですよ、はい。
つーか、騒動(ニュースというよりはやっぱ「騒動」ねww)起こすたびに、
どんどん規模(騒動のね)がでかくなってる気がするんですが
さすがと言うべきか(~_~;)

やっぱ、やりすぎちゃったんですかねぇ。。。
なーんか、出る杭は打たれちゃった的な感じもするんで、
同情みたいな気分もあるんですけどね。


     ミミ ヽヽヽヽヽヽリリノノノノノノノ
    ミ               彡
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、,、,,、,、,、,、、 彡
     l  i''"            i彡
    .| 」  /          |
    ,r-/     ● (__人_) ●  |  ちょっぴりライブカワイソス・・・
    l                  |      
    丶_              ノ
   /~~    ´~ ̄⌒)(⌒ ヽ
  /          ´  `  ノ




続きを読む
posted by tacryan at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

ネタも無いとか言っておきながら昨日は

いろいろな出来事があった一日だったではないですか!

---

livedoor ニュース - 安倍新総裁、両院総会で正式選出
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2470003/detail

はい、予想通りではありますが、どうなんでしょうね?
巷では、かなり右らしいというか、
いわゆるタカ派で心配って声もあるようですが。。。

個人的には、麻生「ウルトラマンガタロウ」さんもいいなーと
思ってたんですけどねw

ウルトラマンガタロウ
http://www.geocities.jp/project_p_plus/taro.html

---

livedoor ニュース - [タイ]クーデター、軍「首都制圧」 首相は非常事態宣言
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2467420/detail

クーデターですって。切羽詰ってるなあ・・・
とかなんとか暢気なことも、実は言ってられない
昨今のニッポンてな感じもなんとなくしますが。

---

KAWASAKI FRONTALE :: ゲームへ行こう! - ゲーム記録・速報
http://www.frontale.co.jp/goto_game/yamazaki_nabisco_cup/06_ync_semifinals_a.html

むう・・・負けてしもうた・・・ _| ̄|○
いきなりの0-2でがけっぷちから、同点にしただけに、
延長でPKで負けてしまったのは、非常に悔シス。。。 (´・ω・`)

なんか妙にヒートアップした(w)、この千葉との準決勝だったけど、
まあでも非常にいい戦いしてくれたとは思うので、
「よくがむばってくれたありがとう!」と、今はねぎらいたいですね。

そろそろさすがに息切れかなあ・・・
今度の日曜のリーグ・対ガムバ戦が、ホント、勝負だなあ。。。
 
 
 続きを読む
posted by tacryan at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

時間が無いのでホントにメモだけ

YouTubeの著作権保護ツールにさっそく疑問の声 - ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news048.html

あんまりちゃんと読んでないけど、やっぱりそういうことらしい。後で、ニコ動との違いとか、ググルの思惑とか考えてみる。

「ダウンロード違法化に反対」新団体MIAU設立で協力呼びかけ
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/18/17236.html

んーまあ、どこまでやれてどこまで導けるか。単にイナゴの面白半分な提灯に終らなければいいんですが。

Viacom、Disney、Microsoftなど9社が動画共有サイトのルール提言
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/19/17238.html

↑2件の敵となる?重戦車軍団。うざい。。。

切込隊長BLOG(ブログ): 日本社会はフルボッコ先を求めている
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/10/post_2b2c.html

切込隊長BLOG(ブログ): 続・日本社会はフルボッコ先を求めている
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/10/post_7873.html

亀田の件とか、その辺の大騒ぎに関する考察。結構、すんなり読めたってことは自分も同意してるってことかもしれない。




切込隊長BLOG(ブログ): ニフティがエロ小説事業に進出

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/10/post_a75e.html

それはともかく、これは痛快w。まあエロ小説のブログは多分、公式ではないと思うので、単にこじつけただけじゃないかとは思うが^^;




流出画像 新型ipod 「ipod nostalgy」-docune

http://docune.jp/doc/1007

こんなipodは嫌だw




@nifty:デイリーポータルZ:自分専用ご当地グルメ「オレライス」を作ろう

http://portal.nifty.com/2007/10/18/a/2.htm

オレもこれやってみてえ。

posted by tacryan at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

こういうのは喫煙者の肩身をさらに狭くするからどっか行って欲しい

livedoor ニュース - [傷害]駅での喫煙注意され殴る 容疑の男逮捕 東京・府中
http://news.livedoor.com/article/detail/3378781/

というか、別に「喫煙者のマナーが全体的に低下」というのは正確じゃなくて、喫煙率が下がって来る中でも吸い続けるやつにドキュソな比率が高いので、目立つということじゃないかなと思ってみたり。ただ、レッテル貼りな恣意もどうしても感じてしまうのは、別にオレが喫煙者だからという僻みだけでは無いとも思うんだけど。

posted by tacryan at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

えーと、ホームページって・・・何?

@nifty:NEWS@nifty:ネットでの選挙運動、まずHPから解禁…自公民方針(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20080106it01.htm
 

今回は第1弾としてホームページの利用を解禁する案を軸とし、他の野党にも賛同を呼びかけて次期衆院選からの実施を目指す。


ボクのPCに入ってるIEのホームページはMSNのまんまですが、とりあえずMSNでしか選挙活動しちゃいけないってことですか?

とか、そういう突っ込みはひとまず置いとくにしても、「ホームページ」って定義が曖昧だよな・・・。相変わらず、政治の世界の人にITとかネットを本義的にちゃんと理解してる人がいないんだなーと思わされる記事でした。

posted by tacryan at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

どんだけアホやねん

「そんなの関係ねえ」少年窃盗団摘発 円陣組んで鼓舞(産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000939-san-soci

小島よしおも災難だなあ。

posted by tacryan at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

オイラの田舎の市議会議員・藤川優里さんがカワユすぐる件

あちゃー、昨日は何もエントリ書けずに、寝てしまいました^^;。久々に一週間分まるまる仕事した疲れが出たね。遂に連日更新記録もおしまいか!?

・・・すんません、今日二つエントリー書くので、許してください^^; つか、このエントリーは昨日の日付にしちゃうもんねwww

てことで、つらつら昨日Web を見てたら、以下のような記事が。

ガチでニュータイプな議員:八戸市議会の藤川優里(ゆり)さん:小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird)
[N] 藤川優里・八戸市議会議員が超美人な件
痛いニュース(ノ∀`):「青森県八戸市の市議会議員・藤川優里さんが美人すぎる」…ネットで話題に

いやー。これは確かに素晴らしい。つか、八戸市ってめっちゃオレの田舎www

なんかこんなところから八戸まち起こしなんて始まっちゃうんだろうなあ。東国原知事的に。この見栄えで、政治家なんかやっちゃうところが凄い。政治家としての質は知らんけど。つか、27歳なんて、大した分別は無理だろ常考(´・ω・`)。八戸何考えてんだ?www あ、でもオイラは正確には八戸市民ではなかったからまあいいか。

そういえばでも、確かに地元のほうって、よくよく観察してみると美人さんって多いですよ。高校までしかいなかったから、そのころって自分もトウヘンボクだったし、身近な同世代は地味ーな化粧っ気も無い子ばっかりだったから、気が付かなかったけど。
posted by tacryan at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

「青森」ブランドがピンチ?だった件

最近ね、また仕事が忙しくなってきちゃって、全然頭が他のことに回ってきておりません。ニュースとか、朝一で携帯のニュースをさらっと見て、仕事の合間にちょろっとニュースサイト巡回するだけ。

IT界隈としては、MSがYahooの買収に本腰で動いたってあたり、やっぱり大きなニュースなんでしょうけど、ぶっちゃけてめえのことで精一杯でそんなに深いことは考えられてないんだよなあ。

てなわけで、ブログのネタも満足に考えられて無いんですけど、今朝携帯でニュース見てて「お!」と思ったネタを一つ。

<青森・商標登録>中国商標局が申請却下 県がブランド守る - Infoseek ニュース

なんか、オレの田舎の「青森」の名前が、中国あたりで商標登録されそうになってたとのこと。紛らわしい上に、最近では毒入り餃子事件で中国産には非難ごうごうな世の中になっちゃってますから、下手に「青森」なんて商標に使われちゃったら一大事!ってえことだったんかもしれませんが・・・

地名なんてのも、ある意味ブランドの名前とはなってて、それはたとえば牛肉に「松阪」とか「神戸」とか冠がついたらそれだけで「うおっ」てなっちゃうわけですし、産地偽装問題なんかもその辺の絡みな訳ですよね。そもそも、元ネタの地方にしてみれば、勝手に名乗られて粗悪品が出回っちゃあイメージダウンにもなりかねないわけで。

外国の地名を冠した商品なら日本にも「ブルガリアヨーグルト」とか色々あるですけど、そういうのも全部、知的財産として色々権利処理してるんですかね。大変な話です。

ともかく、オラが田舎の名前が中国くんだりでもブランドとして認められた〜なんて、ミーハー気分で気に留まっただけなんですけど、なんか興味を引かれたので。
以上。

だめだキレがねえや(´・ω・`)
posted by tacryan at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

なんだか皮肉

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/07/news125.html
金子氏を逮捕した京都府警のある京都府で金子氏が開発に参加した「SkeedCast」の活用を検討するとはw

posted by tacryan at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

どうしたらこんなにお酒が呑めるんでしょうか

[N] 朝まで中ジョッキ20杯+焼酎ロック10杯+焼酎1本を飲み干し夕方に飲酒運転で逮捕

溜まってましたネタフルさんのrss読んでたら見つけたこんな記事。オイラなんか、中ジョッキ3杯も呑んだら、かなーりグッタリして参りますが、どうやったらこんなに呑めるんでしょうね。

毎日酒を呑むのがいつの間にか習慣になってて、酒好きなイメージで良く見られるオイラですが、実はそんなに呑めるほうではありまへん。
どっちかっていうと、ちょっと呑んだだけで直ぐに酔っ払うし、呑みすぎたらすぐ二日酔いにもなるし、駅のホームで盛大にデビル・リバースしたり、川崎の改札前で眠りこけてたと思ったら実は立川に居ましたなんてこともちょっと昔にはあったりするんで、さっぱり肝臓が強いほうではないんですね。

なので、こういう風に異常なくらい酒が呑める人ってのは、ものすごくワンダーな存在に思えるのであります。そういえば昔、高校生のころの同級生に、やっぱり異常なくらい酔わない奴がいたっけなあ・・・って、あら、ちょい待てよ高校生?・・・あ、うーん、ま、まあ細かいことは気にしないw

酒豪ネタで言うと、同じネタフルさんで以下のような記事も。

[N] 女子高生「餃子の王将」で日本酒1升を飲み干す
http://netafull.net/trouble/024964.html

武蔵小杉の「餃子の王将」はフロンターレの試合観戦に以前行ったときに、飯を食った記憶が。
全く、高校生の分際で、日本酒一升を二人で飲み干すなんざ、どういう了見なんでえ、てやんでえ!(`・ω・´)  オイラなんか2合も呑んだらひっくり返るでえ!?
posted by tacryan at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

暗澹たる聖火

世間はGW突入ですが、例年にもれずGWに出勤しておりますTacryanですこんばんわ。

ところで、今日のニュースと言えば、やはり聖火リレーの話題でしょうか・・・本来明るいニュースだと思うんですけど、今日のリレーに関して言えば、残念だけど到底明るい気持ちにはならんですね(´・ω・`)。

livedoor ニュース - ○歓声と怒号、市民不在=卵投げつけ、乱入…−混乱の中、聖火リレー・長野
http://news.livedoor.com/article/detail/3616184/

<聖火リレー>欽ちゃんや少年たちはがっかり 松本死刑囚の写真も 長野沿道ルポ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080426-00000026-maiall-soci

痛いニュース(ノ∀`):【長野・聖火リレー】 “チベット派”、警察の指導によりゴール地点・若里公園に入場禁止”。でも中国国旗はOK…ゴール映像は中国一色?
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1118410.html

こんな感じ。すっかり、スポーツの祭典なんだか、中国の祭典なんだかわからん。肝心の聖火ときたら、警官やら警備の者どもに厳重に囲まれすぎて、最早市民の目には殆ど入らず。見えないんだったら、デモンストレーションする意味無いでそ。

別に、チベットをだしに反中感情を燃やすとかのつもりも無いけど、それ以上にやっぱり、あの赤い狂妄は、単純に受け入れがたい。ああいう強烈で他国の外聞も省みない同胞意識っていうのは、理解しがたい部分があるですね。中国人だって別に個人個人を見たらいい人一杯いるけど、ナショナリズム的な集団の熱狂には簡単に染まってしまえる国民性?そういうのは、今の日本には無いし、だからこそ自分は日本人であることを(比較的には)好きなんですが。

もっともああいう国民性って、今の日本では中国や朝鮮のそれがやたらクローズアップされてるけど、アメリカとかだってそういうところあるし、かつての日本だってドイツだってそういう部分があったから、あの大戦の悲劇が引き起こされたんだろうしね。ま、特定アジアについては実際ひどいのでクローズアップされるのはしょうがない面があるにしても、人間てやつはほんとに全く・・・

ちなみに、あきれると言えば、以下のような記事も。

<聖火リレー>日本を離れ韓国へ 逮捕6人…大きな混乱なく(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080426-00000113-mai-soci

大きな問題なくよかった=福田首相−聖火リレー(時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080426-00000109-jij-pol

大きな混乱も問題もなく・・・って、死人が出るほどの大規模な暴動でも起きなけりゃ別にいいだろって主旨かいな。つか、「無事成功」ってイメージをなんとかアピールしたいのかとも思うが、このご時世、そんなのに煙に巻かれるほど、一般市民は甘くはないでしょうに。
posted by tacryan at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

愛国心に対する鎧は愛国心なのか

過剰な愛国心による攻撃に対して、同じく愛国心で身を鎧う以外に、対抗策は無いのかなー、なんてふと思った。

asahi.com:聖火リレー 燃え広がる愛国心、冷める世界 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY200804260306.html
posted by tacryan at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

選ばれてしまった地は秋葉原

秋葉原で通り魔、トラックで次々とはねてナイフで斬りつけ、7人が死亡 - GIGAZINE

なんとも、とんでもないと言うかやるせないと言うか、暗澹たる惨劇が起こったものです。秋葉原と言う地名が狂気を挽きつけたとか、陳腐で短絡的な因果付けはしたくないけど、でも犯人が選んだ地は秋葉原だったわけですよね。

何をどうという考えはオイラみたいな陳腐な頭にはまとまりませんが、ただただ犠牲者の冥福を祈るのみ。冥福なんて言葉すら、理不尽な凶行の前には虚ろに響いてしまいそうですけども。

上記gigazineの記事には、丁度その場に居合わせた人のエントリーらしブログがTBされてました。余りにも生々しく、凄惨な現場に居合わせた心情が綴られています。

カタペシブログ | 秋葉原通り魔殺傷事件で一歩違えば…

さしもの切込隊長さんも、この件ばかりは一切の隊長節を交えず、ストレートな心情を綴っている模様。

切込隊長BLOG(ブログ): 人とは、理由もなく生き、理由もなく死ぬものだ

どもされんです。
続きを読んでもらえると幸いですぅm(_ _)m
posted by tacryan at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

オイラの田舎が地震に見舞われました

東北地方で火災、落石、倒木…1か月で2回目の震度6(読売新聞) - Yahoo!ニュース

実家を直撃であります。

オイラの新居住地・大宮でも結構揺れて、2階で引越し荷物の片付けをチンタラやってて、片づけ中の本棚が倒れてきたらどうしようとちょっぴり慌ててたんですが。
実家はそれどころではなかったね(´・ω・`)。

テレビとか見てなかったので、三陸方面で大揺れだったことはしばらく気が付かなかったんですが、揺れてちょっと後に、実家に住んでる妹から、iモード災害掲示板経由で無事との連絡が入り、初めて事態の大きさを知った次第(苦)。ま、実家の祖父も母も皆無事だとのこと、また三陸はるか沖地震(このときは自分も帰省して実家にいたので体験)よりも揺れなかったとのことで妹から連絡もあったので、ホッとしましたけども。

その後、いろんな人から「大丈夫?」とのメールもいただいたりしまして、有難かったです。つってもオイラは別に今青森住んでるわけではないけどね^^; ついでにケコーンの祝辞などもいただいたりしてねw

それにしても、最近地震多いですなあ。
我が家も災害対策しっかりしないとね。
posted by tacryan at 10:06| Comment(4) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

福田首相、辞任表明

21時半からアニマックスで攻殻機動隊2ndGIG見ようと思ってテレビつけたら、直前に驚きのテレビ速報が。

福田首相、辞任表明(産経新聞) - Yahoo!ニュース

いつもいつも退陣が話題になりつつ逆に目だって大きな前触れもなかったんで、オドロキ。21時半から緊急会見とか言って、まあ結局、攻殻機動隊を見たんだけどねwしかも途中で寝落ちちゃったんだけどwww

とりあえず、あんまり政治のこと深く観察して考えてるわけではないんで、取り立てて語れる何もあんまりないんですけど、最後まで淡々としてる首相さんだったなという印象。なんつーか、年金とか暫定税率とか後期高齢者医療制度とかガソリン等物価高騰とか次々難局は訪れるものの、良くも悪くもあんまりこれだ!っていう何かを成したイメージが無いような・・・詳しくはわかんないんですけどね。素人目にはそこまでひどいことはやってないように見えるんだけど、すぐに効果も上がんないから、叩かれるという。叩かれても、淡々とやり過ごしてる感が印象っちゃ印象か。ま、お疲れ様でしたけどね。

さて、後継はいよいよ、ローゼン閣下ですかね。こっちは逆に、良くも悪くもイメージが強烈だよなあ。まあ、悪いほうのインパクトにならなけりゃいいんですが・・・

posted by tacryan at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

2008年12月01日

ひどい話だ。。。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081125_610hap/

哀れ。とばっちりもいいところだよなあ。

posted by tacryan at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

虐待の悲劇を無くす想像力

何の気なしに毎日1エントリーgooブログ更新しようと思い立ち5日たちました。
ブログというもの自体はgoo以外の別のサービス使ってもう10年以上経ちますが、ここ数年はほぼ休眠放置だったので、毎日書くのが5日も続くのなんて8年ぶりの話でしょうか。スマホ凄いな。まあ、今は借り物のスマホ使わしてもらってるのでお恥ずかしくありますが(なぜかボディの色以外は借り物という気がしないけど)。

さて、子供が生まれてからこのかた、こういう記事にすごく吸い寄せられるし、胸がキリキリ痛みます。

「バイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした:朝日新聞デジタル

元々子供は好きなほうだとは思ってましたが、実際に父親になってみると、本当に子供というのは自分にとって愛しく、大事に守ってあげたくなる存在なのだと気づかされました。
なので、虐待やらネグレクトという話を聞くと、胸が痛くて痛くてたまらなくなります。

一方で、子育ての大変さ、またそれに向き合う母親のしんどさも身近に目の当たりにしてきて、衝動的にこのような行為に出てしまう感情や背景も、なんとなく理解出来なくもなくなりました(それを許すわけでは勿論ないですけど)。

子供というのは、可愛らしい時もある反面、あるいはそれ以上に、我々の思う通りになる存在ではないし、子育ても苦労する時間のほうが長いものと思えます。

思う通りにしようという発想がそもそも間違えであり、彼ら彼女らにも幼いなりに人格もあって、自分で自分なりに生きているのであって、我々大人は子供が育つのを手助けしてあげてるに過ぎない…とまでは少し言い過ぎかもしれませんが、とにかく子供を支配し思い通りにしよう、コントロールしようというのは間違いなんだとも思います。

だけどそういうの、知らない人も多いし、また身近に教えてくれる人もいなかったりすると、自分の思う通りにならないことに余裕がなくなり、不幸にもこどもに悪意を向けたり、愛情を感じなくなってしまう瞬間というものは、想像以上によくあることにも思えます。

また、子供に直接向けられなくても、代わりにその母親にネガティブな感情をぶつけるとか、そこまで積極的な悪意では無いにしても、そういう悩みや苦しみを想像することもなく共感や支援、協力を欠いてしまう(恐らくそもそもそんな思いに至ってない)父親とか周囲の人間が、母親を追い詰めて悲劇を生む原因となっている、そんな気がします。

何事もそうですが、他人の状況や心情に対する想像力さえあれば、戦争も含め世の中の問題のほとんどは解決に向かって進むと思ってるんですが、人間ってなかなか哀しいものですね。
自分に何が出来るだろうかと、そんな思いにふけってしまう今日この頃です。

ではでは。

posted by tacryan at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

地道に研鑽し真摯に向き合っていれば見る人は見てくれている、そして訪れたチャンスを的確に掴む

華丸・大吉 談志さんに言われた「過去、爆笑問題にしか言っていない」言葉とは… ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

示唆に富むお話ですね。

驕らず飾らず地道にスキルを磨いて真摯に向き合い実力をつけていれば、優れた先達はちゃんと見てくれていて、アドバイスしてくれたり、機会を逃さぬよう後押ししてくれるという、一つの事例ではないかと。

 

実力に加え、華々しくはなくとも(名前のイメージと違ってとか言ったら失礼かw)周囲の人が助けたいと勝手に思ってくれるような、真摯に振る舞ってきたのではないかなと思います。何事にもケチつけるような人以外、あんまり嫌いと言われる人たちじゃないですもんね。同じ芸人仲間のうちでも好かれてそうだし。

 

もちろんそれに加えて、舞い込んできたチャンスをしっかり掴んで取り込みモノにしたという点も、華大さんの素晴らしいところだったと思います。
チャンスは何度もやっては来ない。せっかく訪れたチャンスをみすみす逃してしまっては、2度訪れる保証は無いですからね。

そういう意味では、危うくチャンスを逃しそうなところを、うまく背中を押してくれたビートたけしさんも、さすがだと思います。談志さんの、たった一言で本質を突くアドバイスもしびれますけどね。

 

ではでは。

posted by tacryan at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

予期せぬ危険から我が子を守るための危機管理意識を強く持ちたい

作業用白熱灯つけ発火か=男児死亡の神宮外苑火災―警視庁

お亡くなりになった男の子がまだ5つ、お父さんの年齢も自分と同じ世代ということで、本当にいたましく、胸が痛くなる事件です。

例えば、愛する息子のためと思って一緒に遊びに連れてきてあげてたのかなと思うと、こんな悲劇に遭遇して、自分だったらどんな気持ちか・・・想像するだけで、張り裂けそうな気持ちがやみません。

おがくずと電球で5歳児を焼死させた東京デザインウィークの何が問題なのか? - shi3zの長文日記

イベント主催者側の危機意識、管理体制の甘さを指摘されている記事も読み、他人事のように自分たちのイベントを盛り上げようとだけ考えて安易な運営していたのだとしたら、その責任は是非追及していただきたいし、同じような悲劇は繰り返してはならないとも思います。

同時に、どこにどのような危険が潜んでいるかわからないわけで、子を持つ親の身としては危機管理意識を常に怠らず、自分の子供がクリティカルな危険に会わないよう、十分配慮して我が子を守ってあげたいと強く思った次第です。
まあ、あまりにも過保護であらゆる危険からのべつ幕なし遠ざけるのは、却って子供がひ弱になる原因にはなりますので、過剰にはならないようにはするけれども。リスク・コントロール。

ともあれ、このような悲劇は決して繰り返されないよう、しっかりと原因究明と対策に努めていただきたいと思います。
posted by tacryan at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

高齢化社会と車の深刻な問題

最近、高齢者ドライバーによる自動車事故の話題を、よく目にします。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6220796

確かに、反射や判断の速度も鈍る上、認知症や各種急病のリスクも跳ね上がりますし、今後ますます高齢化社会となるうえで、ケアや対策が必要ではあると思います。

ただ、なんというかこう、今注目されがちだからといって、安易に何でもかんでも「また」高齢者ドライバーが事故を!みたいな論調は、ヤバいんじゃないのとも思います。

http://www.news24.jp/sp/articles/2016/11/14/07346433.html

原因や因果関係もまだ明らかになってないのに、短絡的に「高齢者にハンドル握らせるのはヤバい!車運転させるな!」という極端な論調ばかり煽ってしまうのでは無いかと。

例えば、同じ高齢者による人身事故でも、下記の事件など、単純に事故を起こした容疑者ばかりも責めにくいです。法的な過失の理屈はともかく、人としての感情的には。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJCD75TQJCDUTIL036.html

頼る身寄りもおらず、長年連れ添った伴侶が今にも危うい時に、必死に徹夜で看病して、かといって家も開けられずやむを得ず車に乗るしかなかった…と。
これって、高齢化社会の複雑に絡み合った様々な問題が内包されていて、単に高齢者の運転を禁止したからといって本質的な解決にはならないですよね。

私の生まれた田舎などでは、近所に病院などもなく、鉄道やバスなどの交通手段も貧弱な中で、どうしたって車無しでは厳しい環境です。そんな環境で、車も乗れないとかなったら、それこそ必要なときに必要な医療も受けられず、江戸以前の僻地のようにのたれ死ぬしかなくなってしまうかもしれません。

認知症など明らかにドライバーとしてはヤバいリスクを抱えている人に対してはある程度の規制もやむを得ないかもしれませんが、最低限であるべきで、短絡的に70歳越えたら車運転するな!みたいな極論は慎重になるべきです。

介護や福祉、病状や運転適性のまめなチェック、何よりも家族や近しい人のケア。高齢者を安心して暮らして頂きつつ、若者や労働人口の負担もいかに適性に抑えていくか。これからの日本人として、皆が腹をくくって考え、担っていくしかないんじゃないかと。
大変だとは思いますが、決して、悲観的な話にばかり考えなくてもいい。受け止め方というか、気持ちの持ちようです。

とりあえず私は、そんな風に思う次第です。




posted by tacryan at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

父ちゃんを越えられるか?小泉進次郎と仲間たちのビジョン

小泉進次郎ら自民若手はなぜ新しい社会保障を構想したのか - Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/feature/442

少し前に糖尿病患者がどうのこうのと無駄に過激な発言で炎上しちゃった人がいらっしゃいましたが、その提言の一部と同じようなことを小泉進次郎さんらが言い出したというニュースをチラ見して、気にはなっていました。
今日改めてこちらのニュース記事を読んで、若手の議員さんらの議論や考え、活動の一旦を知り、いよいよ頑張って欲しいなと。

まあ、医療費負担の割合を健康マニア度の点数制で決め、不摂生を慎み病気にならないよう努めた人にはより手厚い補助を、そうでなくて欲望のままに暴飲暴食繰り返してならずとも良い病気に好き好んでなったような奴には自己責任だから補助などやめよう…と、この辺の特に後半の自己責任云々のところだけフォーカスして捉えられがちですが、勿論各論的な部分では逆に弱者切り捨てのリスクとか、色々まだ議論しなきゃいけない部分はありますよね。

ただ、一方で、のべつまくなしバラマキというか、大きな政府的な手厚い補助などする予算はどこにも無い、財政が逼迫してどこかで切り詰めなければという問題があるわけで、大局的な見地から1つの施策案として、取り上げて議論し検討することは、別に悪いことでも無いとは思いますね。

このニュース読んで、自民党若手議員さんらのこの活動に頑張って欲しいと思えたのは、実際の提言内容というより、政治とはどういうものかという考え方だったり、向き合い方が、しっかりしてるなあと。

例えば、個々の具体案について各論的にはいくらでも突っ込み受けることは重々承知の上で、これはあくまで契機でしかなく、大事なのは提言を叩きにみんなで自分事として興味を持ち、建設的な議論を深めて未来をよりよくしていくことだと、しっかり自覚していること。
あえて突っ込みを入れてもらった上で、ではどうすれば良いか?という対案を、しっかりと耳を傾けて聞くことが、政治の役割と認識してるところですね。聞く耳無いわけじゃない。

そもそも、各論では自分達の中ですら皆それぞれに食い違いがある、全く一緒じゃない。だけどそれは方法論だったり手段の話で、大事な部分ではないと。
逆に言えば、大局的に少子高齢化・人口減のこれからの日本において将来の中心を担うべき自分たちの世代が、主体的に日本をどうしたいのか、世の中をどうしたいのかといった根本のビジョンを真摯に議論し、みんなで共有しておくことが大事としている様子が伺えるので、細かい議論では色々あれど、基本的な方向性でずれたり選択を間違える可能性は少ないのではと。

「政治はビジョンで動く」という言葉もありましたが、まさに企業でもなんでも、ビジョンが明確になっていて皆で共有出来てる組織は強いですしね。そして、明確でかつ幸せになる未来を感じることが出来るビジョンを提示し、皆に共有することこそ、リーダーの役目。
そういうわけで、リーダーシップとして何が大事なのか、そういうところもしっかり認識されているのかなあと、私には感じられました。

そんなわけで、単純に年齢が何歳だから年金とか補助とかそうではなく、お年寄りでも若者でも、真っ当に生きて頑張ってる人、本当に困っている人は分け隔てなく援助し、本当に必要なところに適正に社会福祉など行き渡らせること。一方で無駄も適切かつ効果的に無くしていくこと。そんなビジョンでこれからも頑張っていってほしいなと思いましたし、自分も自分事として興味関心を持たなければなあと思った次第です。

ではでは。
posted by tacryan at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする