2007年12月27日

Web時代をイケてるのかオレ

たまには、本を読んでるフリでも。



てことで、最近のWeb界隈では何かと幅を利かせてる梅田さんの最近出た本。
前作の「ウェブ進化論」も読んだですが、実際のところその時はピンと来なかった。よく言われてる話ですけど(梅田さん自身もそういう評価があることは認めてるし)、なんか能天気と言うか、やたらGoogleやらその辺を持ち上げてるんで、反射的になんとなく反感を感じたというか。

ただ、その後さらに自分もWebについて色々下手の横好きなりに考えてみたり、また今までは、エンドユーザーサポートと言う極々専門的な一分野(しかもなんだか日の目を見ない^^;)で四苦八苦しながら狭い範囲でしかモノを考えていなかったところ、最近になってようやくもう少し広い範囲で俯瞰的に考えられるようになったというか、まあ一年ほどの間隔をあけて新作を読んでみたら、意外にすんなりと冷静に読めてる自分に気が付いてみたり。

なんでそうかと考えてみるに、自分自身がさてネット業界、とりわけベンチャーっぽいところで生きてるのにあたって、そういう業界に住んでるにしてはエライ慎重派というか、もともとの性格もそうなんでしょうが、リスクは潰して潰してからじゃないと自信持って発言したり行動出来なかったというか、その辺でジレンマを感じてることには薄々気が付いてはいたんだけども、最近になって明確に意識するようにはなってきた。

※なってきただけで、やっぱりあんまり行動には移せてないんだけどもorz

そういう自分の最近の感覚からすれば、こういったポジティブな(といっても決して能天気なわけではなく、梅田さんの提唱する「ロールモデル思考法」みたいな、ちゃんと努力すべきところは努力した上で)、ガンガン攻めてこうぜ〜みたいな勢いってのも、いわゆるWebの「あちら側」で曲がりなりにもこの先ずっとやっていくには、必要なものなのかもねと。そんなことを、読みながら考えてます。

コテコテのネットトラブルがらみの世界で、それでもそれなりに自分的にはこの世界でも十分通用してくる知識の引き出しとノウハウも備えてきたような、そういう自信みたいなものもなんとなく付いてきた気がするし。もっとも、自信がただの過信や慢心になりそしてそれが許されない状況に陥ったときに、どんだけ痛い目見るかは大学時代に嫌ってほど経験したので、そこは過信や慢心にならないよう、慎重にはいきたいという認識は常に持って、ですけどね。

まあ、2007年もあと少し。今年はそれなりに攻めてはみたとは一定の自負はあるけれど、客観的に見てまだまだ足らん!ていう今年の総括ともダブらせながら、この本をじっくり読んでってみようかなと思います。





・・・って、読了してないのに書評かよ!

オレ自重wwwwww


posted by tacryan at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

まあ、プライベートって大事だよね

最近あんまり残業してない中で、こんな本読んだっす。



以前は結構、良く残業しがちな自分だったんですけど、結婚を機に新しい生活を大事にしたいというのもあって、「これでいいんだろか?」なんてふと思い立ち、徐々に残業は控えるようにしてみたところだったんですよね。
とはいえ、残業しないならしないでなんとなく不安になるところに、この本読んでみたんで、今の気分に当てはまっていると言うか、考えがより深みのある味わいに。

まあ、一言で言うと、プライベートって大事だよなと。それは、何十年か後の退職後に訪れる自由な人生期間も含めてだし、すでにその準備期間は始まってるという観点は、あんまり意識してなかったところ。
そのためにも、きっちり効率よく時間内で仕事に全力を出して、定時の中で結果を挙げつつ、プライベートな時間も大事にしましょうと。

確かに、イッパイ残業してるときって、なんかオレって頑張ってるぜー!なんていう陶酔感みたいなのは気分いいんだけど、改めて検証してみると、かけた時間のコストと挙げた成果のバランスは、大して時間には見合ってなかったりしますわな。全くトータルの成果量が変わらないとまでは言わないんだけど、その程度だったらさっさと切り上げて自分の好きなことに時間使ったほうがよかったんじゃね?なんて、今考えてみると思い当たったり。

しかも「残業すればいいや」ということに慣れちゃって、実は効率的にやればそんな時間掛ける必要は無いかもしれないのに、自分で効率化の道を閉ざしてたりということも。そういえば、前の職場で先輩が「残業は慣れちゃうから気をつけないと」と折に触れ注意してくれたけど、そんときは「自分がやりたくてやってんだからいいじゃん」とか聞き流してたけど、今ならなんとなくわかるかなあ。

・・・

ただしですね、この本に書いてあること、間違えて変に鵜呑みにするとそれはそれで危険かも。ざらっと読んだだけだと、「残業するな」を、「仕事は適当に手を抜いて金を稼ぐだけと割り切って余暇を存分に楽しむことに自分のリソースをさけ」みたいにも読めちゃうので。まあそれはそれでありなんだろうけど、どうせ仕事やるからには、仕事中はそれに打ち込んで価値を見出さないと、成果としての付加価値なんか生み出せないよね。そもそもそれだけってのは、今でも自分の中では違和感あるし。

自分、この方の前著「「残業ゼロ」の仕事力」は読んでないんですけど、やはりそちらも読むべきなんでしょうね。

いくら退職後の人生も大事だからといって、当座自分が必要なのは仕事に対するモチベーションだし、定時後と休日と退職後の人生で好きなことに使う金稼ぐだけで、人生の1/3を苦痛の中に過ごして構わんってのも、面白くない。それに、とりあえずこの先何十年かは、その1/3(仕事人として社会の生産主体の一員たる人生)がメインになるわけですからね。内面的にも、外部からの期待も。

そういう意味では、しっかりその辺わきまえつつ、先の未来を考えるための本だと思って読まないと、本書はあんまり薬にはならんわなあ〜なんてことも思ってみたり。ということで、本来は必ず「仕事力」を読んでから本書を読むべきなんでしょうね。

にしても、残業したくは無いけど、残業代が出ないと生活苦しくなる現実のジレンマはちょっと困った(´・ω・`)。







posted by tacryan at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

休養明け2日目|「7つの習慣」

気持ちが続いてるうちに、手を抜かず何か書いてみたいと思います。

久しぶりに、PCからブログの管理画面をいじりました。2年ぶりってすごい話ですよね、我ながら。

やはり、だいぶ見栄えは変わってますね。でも基本的な機能自体はそんなに変わってなくてホッとしてみたり。ブログもすっかり円熟期のサービスということでしょうね。スマホからの操作性のほうが今は大事ですしね。
ちなみに操作してるPCも今年買い替えたばかりで、まだそんなにいじってないので、長文入力の際にはキーボードの打ち間違いもチョイチョイあって、まだ慣れませんな。

とりあえずデザイン周り、特に表示されてない無駄なAdsenceや、変な収まりの悪い位置に配置されてるソーシャルボタンなど早めに整理して、スッキリさせておこうと思いました。

---

先日、完訳 7つの習慣 人格主義の回復という本を読みました。

きっかけは会社で漫画版のほう(まんがでわかる 7つの習慣)を読んでレポート書け!と言われたという、全くもって受動的なきっかけではあったんです。そちらのほうはマンガということもあり、さっさと読んでそれなりにレポート仕上げたんですが、気になってマンガではない元のほうをKindleで買って読みまして。

結果的には、非常に良い本でした。
そのうち、もっと詳細な感想・思ったことなどまとめてまた書いてみたいですが、もっと前、もっと若いころに存在を知り得て読むことが出来ていたら良かったなと、心底思います。
いつか、自分の子供が大きくなったら、紹介してやりたいですね。



マンガのやつも、さっさと読めて取っ掛かりとしては良いと思います。



ちなみに、スマホでKindleは手軽でいいのですが、改めて読み返す際には紙の本に比べて「あれが書いてある場所はこの辺」とページを探るのがちょっとやりにくいですね。余談。
posted by tacryan at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

夢をかなえるゾウ

もう1年ほども本というものを読んでなかったのですが、久しぶりに何か読もうかと思いkindleを眺めまして、今更ですが「夢をかなえるゾウ」を買って読んでます。




もう、最後の課題のあたり読んだので、もう少しで読み終えるのかなと思いますが、「今までやりたいと思ってやってなかったことを今日、今すぐから始めろ」と課題にあったので、気持ちが萎えないうちに、超久しぶりにブログに書いてみることにしました。


今のところの感想ですが、うん、確かに読みやすい。

バカキャラが唐突に深いことを言う、でも最後にはオチをつける。漫画のシティーハンターを思い出しました。王道的な面白さですね。なので、しかめっ面にならず、フムフムとスイスイ読めます。


で、肝心の自己啓発?ライフハック的な中身ですが、しっかりと、大事なことが書かれていますね。

よく理解して実践して腹落ちさせることができれば、大金持ちとまではいかなくても、食うには困らず満ち足りた幸せな人生が送れそうです。


もっとも、作中でガネーシャ(筆者)も自分で言ってる通り、その教えは、新しいことでもなんでもなく、数多の自己啓発書で散々語り尽くされてることではありますね。

「7つの習慣」やアドラー関係の本を一通り読んだ経験で、「これは7つの習慣のあれだな、これはアドラーも同じこと言ってたね」と、色々関連付けながら読んでました。


でも、勘違いされませんように。

自分は、別に、こんなもん使い古されたありきたりであって、アドラー知ってりゃ読む必要無し、などと、腐してるものじゃないです。


むしろ、改めて本当に大事なことはなにか、別の作者の視点、別の表現を通して、反復してインプットすること、非常に価値があることだと思います。7つの習慣がいかに全てを網羅したバイブル的な書物だとしても、連続して2回目も読むころには、飽きて流し読みになってきちゃいますものね。

それを、味付けを変えて、今一度エッセンスを味わえることで、より深く多角的に消化出来るわけです。


大事な習慣とは何か、初めてその考察に触れる人には、エンタメ的に気楽に読み進められるし、ある程度色々読んで理解し始めてきてる人にも、今一度理解をまとめて深く定着させることもできる、良い本だなあと思います。


もっとも、昔の自分みたいに、端から小馬鹿にして受け入れる勇気がない人や、上辺だけ撫でてわかった気になっちゃう浅い人には、さらっとエンタメ部分だけ捉えて読み飛ばされることもあるのかな?と思うので、その点は気がかりです。単なるエンタメとしてなら、もっと面白いコンテンツは他にたくさんありますしね。まあこれは、この本に限らないことですけど…


などと偉そうに言ってますが、さっきも書いた通り実はまだ読み終えてはいないのでw、この辺で能書きはやめてさっさと最後まで読むことにします汗
posted by tacryan at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

キングダム44

キングダム 44 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -
キングダム 44 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -

久しぶりにAmazonアソシエイト使って記事書きます。
ていうか、過去の記事に貼ったAmazonリンクが大量におかしくなってるのは何だろうと疑問に思いつつ、面倒なのでそのままにしとく。

マンガの「キングダム」、読んでます。
読み始めたキッカケですが、「アメトーーク!」の「キングダム芸人」を観たからです。

アメトーク終わりからドハマりする人続出「キングダム」とは? - NAVER まとめ

はい。
割とミーハーです。

で、ついこないだ最新の44巻がKindleに配信されたので、先週読みました。先週の話を今頃書いてすみません。あれ読んだのは今週の月曜とかだっけかな?まあいいでしょう。

さて、相変わらず面白いことは面白い、前半の信の活躍、またその成長ぶりが強敵の目を通して魅力的に語られており、この作品の真骨頂という感じでスカッとしますね。

ただ、後半の展開は・・・まあこの黒羊編で桓騎配下となった以上は当然なんでしょうけど、桓騎のピカレスク振りが遺憾なく発揮されてきており、それゆえに読んでるほうとしては辛いというか、単純に秦の勝利で浮かれる的な爽快感からは離れてきますよね。
なんといっても紀彗さんたち可哀相。次巻でどんなことになってしまうのか、今から想像するだけでキリキリ胸が痛む。

戦争、古代国家の争いを描く作品ですから、綺麗事だけじゃない、もっとドロドロした人間の欲望や業の渦巻く世界は避けては通れませんしね。次の45巻にかけては、なかなかスッキリはしない展開が続くのかなあ。辛いけど、現実って辛いものですしね。

ただそんな中でも、信そして飛信隊においては、厳しい現実だけじゃなく仲間との絆の温かさ、青臭くても大義・正義を貫く信念など、変わらずストレートで救われる気持ちになりますね。
このへんは「キングダム」という作品のいいところで、ダークな世界ともきちんと向き合いつつ、救いが無いままでは終わらず、あくまでポジティブな気持ちになれるところを目指したいんだろうなという作者の信念なのかなと、信の生き様とも重なって、眩しいです。

それにしても、アメトーーク観た直後は「今更こんな番組にのせられてなるものか」と思ってせせら笑っていたのに、いつの間にかうっかりKindleでポチッとし、一旦ポチったら次をポチるの止められず、最新まで一気にポチってしまい、最新刊を今か今かと待ち望むキングダマー(酷い造語)になってしまいました。
見事に策にはめられた気分の私ですが、これが潜在ニーズの掘り起こしだよね。違うか。

ではでは。
posted by tacryan at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

「幸せになる勇気」を読み終えて感想など

昨日のエントリーでも少し触れましたが、「幸せになる勇気」を読み終えました。


ベストセラーになった「嫌われる勇気」の続編ですね。



ぶっちゃけ、内容のまとめに関しては、下記の方々のブログにもの凄くよくまとまって紹介されてますので、こちらをお読みになったら十分かと思います。



ということで、自分は今一度感想など。先週の記事に書いたこととあまり変わってはいませんが。

本当に、前著も含めて、とてもいい本だと思います。
アドラー心理学自体、人生を一変・・・とまで大げさには言わないけど、少なくとも物の見方や自分自身の振る舞い方の重要な部分において衝撃的な影響がある思想です。そんなアドラー心理学の基本を、青年と哲人の対話という形式で芝居の脚本を読んでる気分で、スイスイ読めます。

ただ個人的に気をつけたいところとしては、読みやすいしいい本だとは思うんですけど、なんというか読みやすいがゆえに、色んな要素がゴロっと渾然一体になって塊のままドーンと自分の中に入ってくる気がして、しっかり体系的に整理して自分の腑に落ちるまでには、一度しっかり自分でエッセンスをまとめてみたり、他のアドラー本も読んで補完するか、話の筋を暗記するくらいに何度も読み返す必要があります。

対話形式でスイスイ読めるのはいいんだけど、あるテーマについて会話してる流れのままでスルッと別のテーマに議論が流れて展開していくので、読み手がうまくまとまってないうちに次から次と議論のテーマが展開していく速さが追いつくのが大変ですね。個人的にはそうでした。
途中にあまりまとめが無いというか、セリフの一つとしてまとめを語っているものはあるものの、対話の途中にしれっと挟まっていて、すぐ次の話題に行ってしまうため、途中で論点の整理があまりできずに次から次へといろんな話を聞く羽目になり、最終的に何の話だったか、前の方の論点を忘れてしまうんですね。

なお、前著と今著の論点をきっちり整理して比較してみたわけでは無いですが、前著の内容の再説明をしている部分と、前著に書かれていないことの追記なり補完している部分が入り乱れてやってきます。
誤解されがちなところの再説明をまずはテーマに置いた上で、そこだけに留まらず、今一度大枠としてのアドラーの全体像について同じテーマを改めて議論してみたという感じ。

なので、実は前著の内容をみっちり理解してマスターできれば、今著を読む必要まではないとも言えます。あるいは、前著読まずに今著だけ読んでも、用は足りるかも。「上辺だけ観て誤解せずしっかり理解できれば」ですが。

ということで、毎日ブログ書くのもなかなか大変ですが、また折に触れて読んだ本の感想などもまとめてアウトプットしていきたいなあと思います。読書の時間を確保するのも大変ですけどね。
ではでは。
posted by tacryan at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

「不格好経営」でも真面目にさえ商売してくれてたら良かったのに


そんなわけでですね、ついこないだ、DeNAの南場さんの書いたこちらの本を読みまして。遅くなりましたが、簡単に感想など、適当に綴っておこうかなと思います。

いわゆる今年後半のWeb業界界隈の一大イベントであった「Welq騒動」の渦中で、例の記者会見と前後して、ふと読んでみようとkindleで買ったミーハーなんですけど、南場さんの文章自体は時々お見かけしたブログなどで読んでて、やっぱりすごく面白いこと書ける頭が良くて感じのいい性格のいい人だなあと思ってました。この本においても、南場さん式なゆるりと笑える気さくな文章で、難しいこと何もなくて面白く読めます。

一方で、凄いは凄いんですけど、ちょっとやっぱり浮世離れしているというか、不格好とか言いつつも一々その時に出てくる人物がソニーやらリクルートやら錚々たる社長さんなど凄い人ばかりだし、SNSの出会い系問題だったりコンプガチャ問題など時代を騒がせた騒動の時にも、スルスルっと中央省庁と会合持つとかさも簡単に出てくるので、やっぱり次元が違うところで事業やってるんだなあと、誤解を恐れずに言えば、しらっとしちゃいます。

頭もいいんだろうし、人格も素直でポジティブでまっすぐで、信頼してくれる人なのかなあという印象なんですけど、それが故に却って、会社としてノリと数字重視・収益重視の勢いの中で、変なほうに雪崩を打って進んでいくのを食い止められなかったのかなあ、と。後継者たる守安社長を、よほど信頼してたんでしょうね。

まさに旦那さんがガンで闘病で、それを支えるために社長職を退いて、Webの医療系情報の品質のノイズの多さを知ってそれを変えようと事業を立ち上げたのに、最終的に自社がその質の悪い医療情報の蔓延を率先していたというのは、皮肉以外の何でも無いですよね。

ただ、先にも言ったとおり、SNS出会い問題やコンプガチャ問題など、様々社会を騒がせた問題をいくつも乗り越えてきたのがDeNAという会社ですし、この本にもあるとおり、南場さんはまだまだそうした危機をチームとして乗り越えられる会社であることを信じてもいると思うので、第三者委員会とやらの調査結果が出た後で、どうDeNAが復活してくるのか、それとも今度こそ難しいのか、来年も動向に目は離せませんね。
なんとか乗り越えて、何年か後にでも南場さんには笑顔でまたこの件も振り返って、本でも書いてもらいたいと願っています。

ではでは。
まだまだ続くよ
posted by tacryan at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする