2008年08月23日

栄えるものもあれば廃れるものもある

はてな、「はてなハイク」のAPIを公開--ブログパーツも提供開始:ニュース - CNET Japan
はてなハイク ブログパーツを公開しました - はてなハイク日記

はてなでやってるTwitterライクなサービス「はてなハイク」のブログパーツがとうとうできましたね。早速オイラのブログにも搭載してみた。つっても、ハイクは実はあんまり使ってみてなかったりするんですけどね^^;

画が描けたり、お題で繋がりやすかったりと、デザインもすっきり綺麗だし、基本のサービスは本家Twitterなんかと比べても、とってもいい感じだなとは思ってた。

なかなか盛況のようですし、最近のはてなのサービスの中では大分成功した部類ではないんでしょうか。APIも公開したみたいなんで、ユーザー巻き込んでさらなる発展も期待できそうですな。



その一方で、こんな発表も・・・

はてな、YouTube動画の自動再生サービス「Rimo」を8月末で終了

初めて見たときは、スピード感といい乗っかり方といい目の付け所といい、また、まだまだYoutubeが著作権侵害の巣窟的にグレーに見られてる時に(今もそうかもだけど動画共有サービスを取り巻く社会の見方も大分変わってきたのもあるし大分ましなほう)リスクを厭わずリリースしてきた無鉄砲さといい、すげーなと素直に驚いたもんでしたが・・・
いつの間にか忘れ去られちゃった不運なサービス。一番不運だったのは、直後にニコ動っていうさらに革新的で面白いもんが出てきちゃったことだったよね。

ま、同じ会社のやるサービスでありながら、当たり外れの運もあるけど、栄えるものもあれば廃れるものもあるってことで。

続きを読んでもらえると幸いですぅm(_ _)m
posted by tacryan at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

2008年10月09日

興味はあるんだけどねえ、SNS

目標体重:75.0kg
目標までの残り:-8.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:83.0kg
体脂肪率:23.5%
BMI:24.8
食事
朝食
20081009朝飯
昼食
サバ塩弁当
夕食
20081009晩飯
おやつ
玄米クリームブラン
ねとらぼ:ユーザーの55%「SNSへの興味、なくなってきた」 - ITmedia News

自分の場合、前から興味はあるものの、どうもイマイチ乗り切れない感じで、ずっぽりはまり込むってことが当初から無かったので、ちと違うんだけども。やっぱり、リアルの人間関係をしのぐ魅力ってのは、なかなか難しいってことなんですかね。SNSで日記やメッセージのやり取りも、自分の周囲を見る限り、ごく一部を除き、大概リアルで知り合った友人知人相手な場合がほとんどだもんね。そうなってくると、何もSNSでなくてもイッパイコミュニケーションの手段はあるわけで、よっぽどあの手この手でコミュニケーション取りたい人でもない限り、メールなり電話なり、もっと直接的な手段で用が足りるわな。

ちなみに、こんな記事もあった。

ねとらぼ:SNSのあしあと“踏み逃げ”を嫌うのは「社会人既婚男性」 - ITmedia News

もしかして、リアルでは家庭も持ったし会社づきあいに縛られてそれ以外の新たな出会いの機会が無いから、むしろネットに頼ってしまうってことなのか?とも思うけど、なんにせよちょっと意外な気もするし、改めて考えると意外でも無い気もする。ま、どっちでもいいけど、新米ではありますが社会人既婚男性となった自分ですが、これには該当しないことだけは確かだな。どうでもいい話なんだけどさ。

以上、10/9のエントリを10/10に書いてるため、10/9には存在してなかったItmediaのニュースがネタとなる奇妙なエントリでした。

話は全く変わりますが、明日からは結婚に伴う特別休暇で、19日までお休みでやんす。こんなに長い間仕事休むのは、ひさしぶりのことでやんす。悔いの無いよう、休暇を満喫したいもんであります。




posted by tacryan at 00:00| 東京 ☁| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

MySpaceすげえ



http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/04/news023.html

著作権照合システムだって。金のあるとこは違うなあ。

つか、記事の扱いも大したこと無いってことは、DBさえ用意できればそういう技術すら、既に可能ってことなのね。唖然。

 #実際のものを見てみたらチープすぎて愕然という可能性もありそうな(´・ω・`)

posted by tacryan at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

早く見て見たい。がなんとなく大したことは無さそうな予感も



http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20383065,00.htm?ref=rss


こうしたサービスの社会性に関わる部分は2009年以降に残された課題だという。


個人的には、ここが一番興味あったんだけどねえ。。。

テックな人の殻はそうそう簡単には破れないってことか。

posted by tacryan at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

コミュニティーサービスの運営に携わっていながら・・・

コミュニティーサービスを使い込むということが、昔に比べて少なくなっているなオレ、って、ふと気が付いた。自社サービスすら全然使い込めてないし。コレじゃいかんだろと、自戒(´・ω・`)

posted by tacryan at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

Twitterでもブログでも継続するといいことがあるかもしれないと自分が思う3つのポイント

ふとたまに自分の過去のブログ記事読んでみると、意外と「こんなこと考えてたのか」「いいこと考えてたんじゃん、過去のオレ」みたいに改めて色々発見があったり、「この感じ忘れてた、気持ちを改めて頑張ろう!」みたいな気持ちになることがあるんですよね。

Twitterなどのサービスもしかり。イマイチ何がどう楽しいのか、あんまり知り合いもいないので誰かとコミュニケーションを取るということもそんなに無く、とりあえず流行ってるから使ってみようぐらいな気持ちでだらだらやってたんですけど、それでも180件でもログがたまると、たまに見返してみたときに、「おおそういえばちらっとだけどそんなアイデアを考えてたっけ、改めて考えてみようか」といった小さな発見もあったりします。

つまり、とりあえずなんでも適当でもいいので、そのときその日に考えたことを気軽に書いておくだけで、後から自分用に色々考え直してみるいい材料になったりする。その点だけでも、ブログやらTwitter続けてみる価値はあるのかなと、ここ数日思うようになりました。

勿論、それだけならわざわざインターネットで公開して書く必要は無く、メモ帳でも日記でもなんでもいいわけですが、一応こうしてどこの誰が目にするかもわからない公開の場で書くということの効能はあって、(別に多くの人の目に触れるわけではなくても)一応「他人に見せる」ということを意識すること、その過程で自然と自分の考察が検討されたり、文章の推敲の必要性が出てくるわけです。

つまり、自分のアイデアを練るとか、それを他人にどう表現するのかといった脳みその訓練が、程度の大小はあれど、自然と意識される作用があるわけで、それってほんのちょっぴりであっても、何も書かない・やらないよりは、ずっと自分に役に立つ部分はあるのかなとも思うのです。
まあ、あまり堅苦しく考えすぎても何も書けなくなっちゃいますが、とりあえずこれが第二のポイント。

で、最後のポイントですが、こうしていささかでも自分の思考だったり情報をインターネットで公開することで、もしかしたらどこかの誰かに、何かで役に立つことも可能性としてはゼロではないかもということもあります。

別に大したネタを書いてるわけではないし、このエントリーだってこれまでに沢山の素晴らしい方々があれこれと主張されてきた効能を自分の拙いまとめにしてるだけかも知れませんので、万人に役立つ情報であるとか威張るつもりは全く無いのですが、それでも全く書かずに自分の中にだけ秘めておくのと、拙いなりにも世の中に公開するのとでは、大きな違いがあるのかなとも思うのですよ。だって、0と1の違いと、1と2の違いでは大きな違いですもんね。

そういうわけで、改めてまた、モチベーションを高めてみたりする今日この頃です。

ちなみに、Twitterとかで活躍されてるみなさんって、やっぱり軽く千とか万とかつぶやき数あるんですよね。とりあえず、どういう形であっても色々数多く発信するのって、このネット時代においてはメリットってあるんでしょうね。つぶやき数180なんて全然甘っちょろいなと、改めて、つくづく。
posted by tacryan at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ケータイでmixi日記とか見ながらつぶやけるといいな

おとといくらいからとりあえず暇なときにtwitterで色々思いつきをメモ代わりにパカパカつぶやいてみるようにしてみてるんですが、特にいいのが帰りの電車の中ですね。

立って乗ってる40分とか、寝るわけにもいかんし、本読むのもいいけど文庫本くらいじゃないと片手ではしんどいので、やっぱりケータイで暇つぶしするのが一番気が紛れるんですが、いざケータイで何をするか?

ゲームもいいんですが、やっぱりケータイのあの操作ではアクションは辛く、RPGは電車内でやるには時間が足らんし、シミュレーションにしてもケータイのUIではイマイチ盛り上がらん、かといってカジュアルゲームにもいまいちハマれない。

意外といいのがmixiのニュース。ポータルのニュースとかよりも適度に色んなジャンルのニュースが程よくまとまっていて、ダラダラ気楽に一気読みできるのがいい。

だけど、ただダラダラ見てるだけというのもつまらなくて、せっかく使える時間なのだから、色々日々考えたり思いついたことをうまいことまとめる時間にしたいという気持ちもあって、かといってニュース見ながらmixiに日記で書くのも自分的にはなんか違うような? mixi内で完結してるクローズドな馴れ合い空間だしね。わざわざモノを書く場としては、自分的にはなんだか勿体無い。

そうは言いながらも、ブログを書くとかまでは、やっぱり電車の中という落ち着かない空間とケータイというインターフェースでは、まとまった文章を書くというにも正直しんどくて。

そこで、Twitterの出番かなと。何せ、140字程度のつぶやきでいいので、そこまで真剣に文章を考える必要はないし、それでも不特定多数に公開されるという微妙な緊張感もあるので、ちょっとした時間にはもってこいだなーと、おとといあたりから思うようになりました。ちなみに参考までに自分がケータイで使ってるのはモバツイッター。公式も日本のケータイ対応したみたいだけど、やっぱモバツイのほうが便利かな。

で、mixiニュース読んだりtwitter見たりつぶやいたりを交互に繰り返したりしてるんですけど、ニュース見て、その記事を引用しつつ、思ったこと考えたことをつぶやいてみたいという欲求が出てくるのは有る意味当然でして、そこで表題に書いたような要望に繋がる次第。mixiアプリとか出てるみたいだし、TwitterにもAPIあるんだし、誰かそういうの作ってくれませんかねとか思ってみたりします。まあ、素人考えなので出来るのかどうかよくわかんないし、契約とか記事の著作権とか権利関係の問題もあるでしょうから、難しいのかもしれませんけどね。それにmixiアプリはまだPC版だけの機能だったか。

ちなみに、朝の電車は睡眠を補完する時間に充当しているため、ケータイいじれません。蛇足までにあしからずということで。終わり。


posted by tacryan at 00:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

GREE(PC版)がTwitterになるそうです

PC版「GREE」がTwitter風にリニューアル 「日記+足あとはもう古い」と田中社長 - ITmedia News

モバイルでまさかと思われたモバゲーをついに抜き、今度はさらにマスへのアプローチを高めるために、PC版の拡充でmixiを追い詰める。まさに今、昇り竜ですね。

マスに浸透するようなキャズムを超えるSNS的サービスを考えるときに、mixiなりMySpaceなりといった従来の機能的な(言い換えるとGeek的な匂いを残す)SNSのインターフェースが古いという。確かに、一般大多数のユーザーはそこまで求めてないのかもしれない。
大多数のユーザーのSNS(日記)の使い方として、短いフレーズで十分、個人のたわいも無い感想やとりとめも無いことを綴り身近な友人と共感しあえればいい。つまり、実はTwitterライクな、ある意味洗練されたシンプルでわかりやすく訴求するインターフェースがあればいいという。

サービスをビジネスとして考えた時に、露出(PV)を増やしてそういう意味でのメディアとしての価値を高め広告費を稼ぎ、ゲームやアバターなどの課金サービスにうまく余暇を誘導して使わせて稼ぐ。
そうした観点で言えば、誠に王道かつ正攻法なんだろうとは思います。

だとしても、ここまで既存のサービスの姿を思い切って変えると宣言してしまう勇気と言うか、怖いもの知らずというか。これまでのGREEに愛着を持って使ってくれていたファン層にはやり場の無い寂しい気持ちを否めない人も多いと思うんだけど・・・どうなるんですかね?

数の論理でいったら、仮に今回のリニューアルで離れる既存ユーザーがいたとしても、元々mixiと比較して全く問題にならない程度の数であり、新たに獲得できるユーザーの数が多いのであれば、戦略としては正しいのかもしれない。ただ、個人的には、アイデンティティが一貫しないサービスというのは、どうなんだろうねとも思う。
まあ、よく言えば、柔軟でしたたかってことなんでしょうけどね。

それに、GREEでは以前も、アバター強制問題で炎上っていう事態もありましたしねえ。ちょっと変え方がドラスティックで強引過ぎる気もするんだよな。
これはまた一悶着ありそうな・・・

リニューアルした先の姿が、既にネットではすっかり盛り上がってる感のあるTwitterのパクリっていう部分もねえ。
mixiエコーもそうだけど、SNSという閉ざされたネット空間でマイクロブログってのも、なんか個人的には違和感あるんだよな。

ただ、よく考えてみると、国産のTwitter系サービスで2年位前にも雨後のタケノコのごとく乱立しましたけど、一般にも認知されるようなスマッシュヒットは、まだ無いんですよね。
そう考えると、今度の敵は実はmixiじゃなくて、「Amebaなう」になるのかな?

まあ、そんな感じで。

posted by tacryan at 23:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

Twilogってサービスを使ってみたよ(手抜きと言わないで)

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)」を読み終えたので感想でも書こうと思ってたんですが、いざPCを開いたら後でやってみようと思ってた↓のサービスのことを思い出したので、とりあえず登録して使ってみようと思い立ちました。

Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存

えーと、この時間から読書感想文書くのがしんどくなったとかそういうわけでは・・・
わけでは・・・
まあ、そういうことってよくあるよね(´・ω・`)。

続きです
posted by tacryan at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

Twitterのつぶやき(TL)をブログにまとめて投稿できる「おまとめ投稿」機能を試してみる

Seesaaからのお知らせ: 【Seesaaブログ】Twitterとの連携強化第2弾!おまとめ投稿ができるようになり ました

今更知った機能なんですが、Seesaaやるじゃん。高機能だねえ。
Twilogからソースコピペする必要が無くなったね。
TwilogはTwilogで良いサービスだと思うので、やめるつもりは無いですけど)


つことで、投稿試してみることにする。まだまだ続くよ
posted by tacryan at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

本日のつれづれ-Twitter始めてから今日までの振り返りとか-

そいやあ、昨夜は雪がふりましたねー。
昼にはほとんど消えちゃったけど。

さて、最近またブログのカスタマイズとかちょっとだけハマってきてます。こないだインポートした別ブログエントリーのカテゴリ再整理も終わったので、いよいよまたテンプレートとかゴリゴリいじってみたい気分もあるんですが、こちらはなかなか簡単にはね。CSSとかちょこっとしかわからんし。

ま、でも、やっぱり一番大事なのはコンテンツたるエントリーの更新頻度と質なんですよね。

と、それは重々わかっていつつも、今日もまたTwitterの今日のつぶやきツイット一覧の自動投稿でお茶を濁す感じで許してけさい(´・ω・`)。
今日はTwilogで過去全ログ取り込みとかした関係で、Twitter始めてからこれまでの経緯を振り返ってみたりしてます。

私のTwilog
続きをどうぞ〜
posted by tacryan at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

モバツイ時代の思い出など



ガラケー時代には、私もモバツイ、お世話になりました。

思い出してみると、当時はまだTwitterもPCブラウザかPCのクライアントから使うのがメインで、ケータイのi-modeとかだと使いにくかったんですよね。確か。

そんな中、ガラケーからTwitterを使いやすくしてくれるこのモバツイが出たことで、モバイルでふと思い付いたことをその場でツイートするっていうスタイルが、俄然可能になりました。
ソーシャルサービスの利用シーンが、グッと今の姿に近づいた過渡期だったかと思います。

2007か2008年あたりから、私もそこそこTwitter使うようになってたんだけど、モバツイ使いはじめてからツイートのペースが一時期ギュギュッと加速した覚えがあります。アルディージャのサッカーの試合を実況ぽいことしてみたりね。

その後色々あって余裕が無くなりツイートペースが落ち、そのうちに3年もすると急激にスマホ地代になって自分もスマホにしてからは、別のスマホアプリ使うようになってしまったのですが。

間違いなく、ソーシャルってものの可能性を広げてくれた、素敵なサービスのうちの1つだったかと思います。

ではでは。

posted by tacryan at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

『LINEの「意外な場所」に悪口を書く』のは中学生に限らないです。大人も同じです。


プロフィールに意味深な、身内や知り合いなどわかるやつには微妙に何を言ってるのか察せられるコメント書くのは、実は昔からよく使われる手段ですね。真新しい何かではありません。
まめな人は、毎日何かしら日記みたいに更新してたりしますしね。

で、別に今の若い子に限らず、普通に大人の方でもやってるのをよく見ます。
たまに、ネット・リアル問わずに、ドロドロした怨嗟や罵倒のコメント書いてるのも見ますね。

なので、若い子だけに特有のよくわからんコミュニケーション形態とか思ってると、大間違いです。
相手にはバレたくないけど、誰かに自分の不満やネガティブな感情知ってほしい、ぶちまけたいという欲求は、子供でも大人でも変わらないみたいです。バレたくないなら黙っておけばいいと思うんですけどね、ネットだとつい書きたくなっちゃうんですかね。ネットの魔力恐ろしいですね。

そんなわけで、相手にはバレないように書いたつもりらしいんですけど、普段の利用シーンからは気がつきにくいってだけで、ちょっと回遊すれば普通に誰でも見れちゃうところに堂々と書いちゃうもんだから、簡単に相手にバレてますます泥沼のトラブってたりするので、なんとも浅はかというか残念だなあという心持ちになります。

自分で火種蒔いといて、「内緒で書いたつもりなのに、なんで他人に見られるようになってんの、不具合じゃないの何とかしてよ」と運営者に理不尽な文句を言って責任転嫁してくる人気なんかもいたりして、ますます溜め息の回数が増えます。

おバカな中高生がおバカに騒いでるくらいならまだ可愛げもありますが、繰り返しますが、こういうことするの、子供に限りません。大の大人でも沢山いらっしゃいます。

「最近の中学生のLINEはワケわからんなあ、けしからん」とか、さも自分は関係ない世代分断的な理解でいると色々間違えると思いますので、注意が必要ですね。

今日のところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Media/Community | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする