2005年06月21日

ギリギリの教訓

そういえば、こないだ、
朝まで飲むはめになってですね

電車乗り過ごして、行ったり来たりしたあげく
朝9:00ぐらいにやっと地元の駅に着いたんですよ

早く家に帰りたい一心で、
駅近くの駐輪場から
プワーンと原チャリで飛び出したら

見事にオマワリサマと鉢合わせ
Σ( ̄ ̄ ̄ ̄ロ ̄ ̄ ̄ ̄lll) ガビーン

交番に連行され
なにやらビニール袋に息を吹き込めといわれてですね

「あ??????○×☆■!」

で、濃度が0.15以上だと、
「酒気帯び」になっちゃうんですね
ぐんぐん目盛りが上がってくのを
息を見つめ見守ったんですが・・・

なんとまあねえ
0.1497ぐらいで止まったみたいよ?

なんだかわかんないけど、
これからはホント気をつけろよってことで
注意のみで「帰ってよし!」ってことに

ほんと、98.54パーセントぐらい、観念しちまってたんで
すげえほっとしたわけで

やっぱお酒飲んだら、
怖いなーって身に染みましたとさ
皆さんも肝に銘じておきましょうね

<道路交通法>------------------------------------------------------------
 第65条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。
    2 何人も、前項の規定に違反して車両等を
      運転することとなるおそれがある者に対し、
      酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。
   (罰則 第1項については第117条の2第1号、第117条の4第2号)
    http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM#065
------------------------------------------------------------
・・・

ところで、今度免許更新しなきゃいけないんですが、
実はどぇすね
速度違反やら
一時停止無視やら
駐車違反やらで
どうも「違反者講習」ってのを受ける羽目ににorz

すげえかったるいんですけど

まあ酒はやばいとおもうけど、
原チャリの速度違反って、
ほんとくだらないと思うんですが、どうよ?

律儀に30km/hで走ったりしてたら、
そっちのほうが邪魔だし危ないと思うんだけど・・・
posted by tacryan at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

犬の変死は「器物損壊」

今なんとなくニュース見てたら、
オイラの地元、青森県で「犬が連続で変死」というニュースが。

で、警察が捜査してるらしいんですが、
なんの容疑で捜査してるかっつーと、

「器物損壊」。
 
 
 続きを読む
posted by tacryan at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

新基準たってやっぱり曖昧な・・・

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/29/news076.html


 「真実でないと知りながら発信した場合か、インターネット個人利用者に要求される水準の事実確認を行わずに発信した場合に、名誉毀損罪が成立する」との新たな基準を示した。


つってもなあ・・・今度は「インターネット個人利用者に要求される水準の事実確認」が一体なんだよって話になるんだろうね。


男性が企業の登記簿や雑誌の記事などの情報収集を行っていたことを指摘し、「インターネットの個人利用者として要求される水準の事実確認は行っていた」と判断。「名誉毀損には当たらない」と結論付けた。


てことらしいので、これが基準にはなるんだろうが、一プロバイダにはやっぱり、調べるのは難しい話だわな。悩ましいのう。

posted by tacryan at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

少なくとも著作権がらみのゴタゴタよりは理解はするんだけども


節度と良心に溢れた大人のギークのツールとして生まれたネットではあるが、現に子供が子ども自身で受け止めるには厳しい情報がいとも簡単に触れえてしまう時代にまで至っては、しょうがないとはいえる。天下のGoogleさんだって、こんな↓ことしてますもの。

グーグル、アダルトコンテンツを検索結果から除外するフィルタリングサービス:マーケティング - CNET Japan

もっとも、政治家の皆さんが、どこまで真剣にネットを理解して考えてくれるかは非常に心許なさを隠せないではあるけれども。

また、規制をかける一方で、どんだけネット産業の促進に有益な政策を出してくれるかも鍵だと思うんですが、こういうことがちゃんと国会で議論されないようだと、ニホンっていよいよダメかもなあ。。。

posted by tacryan at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

迷惑メール対策法もめんどくさくなってきたね

施行間近の改正「迷惑メール防止法」:総務省が語る3つのポイント - CNET Japan

複雑化しすぎて、条件クリアできるかどうかが簡単には分からなくなってしまった場合に一般的な反応として、十把ひとからげに「ヤバそうなものは全部回避」という対応が激増、メールでの広告自体が全くなくなるとか。また、これまで習慣的に良しとされているようなことを、悪意のある人に曲解されて難癖付けられることも増加したりとか。

良かれと思った規制強化による「官製不況」ってことにならなきゃいいけどね。ま、SPAMは誰もが困るものですから、対策は喜ばしいものではあるけれども。。。

posted by tacryan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

自由と個人の責任の国アメリカではネット規制法が却下

米最高裁、ウェブポルノを規制する児童オンライン保護法を最終的に却下 - CNET Japan

さて、日本のネット規正法はどうなるのかな?やっぱ自由と権利というものを国民一人一人が小さなころから理解している国と、日本では、事情が異なるのか・・・

posted by tacryan at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする