2016年12月31日

2016ありがとうございました

いやあ、なんだかんだしてるうちに、2016年も、もうあと3時間くらいでおしまいですなー。

改めて今年を振り返ってみると、うーんなんだろ、個人的にはかなり平和な一年だったなあという印象です。
昨年は転職なんていう一大イベントもありましたが、今年は仕事にも良くも悪くもなんですけど慣れてきて、結構重要な仕掛けをこっそり打ってみたりはしたものの、大勢としては可もなく不可もなく。

プライベートにおいても、特に大きな動きもなく、おしなべてゆったりと充実した幸せな一年でしたね。

とはいえ、仕事にしても、プライベートにしても、ずっとこのまったりペースが続くわけでもなく、色々ヒタヒタと迫り来るものもありなわけで、早め早めに色々と将来見据えて考え、動いていかなきゃなあとも思う今日この頃でもあり。

ともあれ、健康には気を付けつつ、主体的で効果的な人生に向けて、家族のためにもまた気を引き締めて来年も頑張らなきゃなあと思う次第でありんす。

久しぶりにブログ書く習慣なども復活させてこれたし、地道に色々変化もしてこれた一年でもありました。本当にありがとうございました。

そんなわけで、良いお年を。また来年!
ではでは。
posted by tacryan at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

「不格好経営」でも真面目にさえ商売してくれてたら良かったのに


そんなわけでですね、ついこないだ、DeNAの南場さんの書いたこちらの本を読みまして。遅くなりましたが、簡単に感想など、適当に綴っておこうかなと思います。

いわゆる今年後半のWeb業界界隈の一大イベントであった「Welq騒動」の渦中で、例の記者会見と前後して、ふと読んでみようとkindleで買ったミーハーなんですけど、南場さんの文章自体は時々お見かけしたブログなどで読んでて、やっぱりすごく面白いこと書ける頭が良くて感じのいい性格のいい人だなあと思ってました。この本においても、南場さん式なゆるりと笑える気さくな文章で、難しいこと何もなくて面白く読めます。

一方で、凄いは凄いんですけど、ちょっとやっぱり浮世離れしているというか、不格好とか言いつつも一々その時に出てくる人物がソニーやらリクルートやら錚々たる社長さんなど凄い人ばかりだし、SNSの出会い系問題だったりコンプガチャ問題など時代を騒がせた騒動の時にも、スルスルっと中央省庁と会合持つとかさも簡単に出てくるので、やっぱり次元が違うところで事業やってるんだなあと、誤解を恐れずに言えば、しらっとしちゃいます。

頭もいいんだろうし、人格も素直でポジティブでまっすぐで、信頼してくれる人なのかなあという印象なんですけど、それが故に却って、会社としてノリと数字重視・収益重視の勢いの中で、変なほうに雪崩を打って進んでいくのを食い止められなかったのかなあ、と。後継者たる守安社長を、よほど信頼してたんでしょうね。

まさに旦那さんがガンで闘病で、それを支えるために社長職を退いて、Webの医療系情報の品質のノイズの多さを知ってそれを変えようと事業を立ち上げたのに、最終的に自社がその質の悪い医療情報の蔓延を率先していたというのは、皮肉以外の何でも無いですよね。

ただ、先にも言ったとおり、SNS出会い問題やコンプガチャ問題など、様々社会を騒がせた問題をいくつも乗り越えてきたのがDeNAという会社ですし、この本にもあるとおり、南場さんはまだまだそうした危機をチームとして乗り越えられる会社であることを信じてもいると思うので、第三者委員会とやらの調査結果が出た後で、どうDeNAが復活してくるのか、それとも今度こそ難しいのか、来年も動向に目は離せませんね。
なんとか乗り越えて、何年か後にでも南場さんには笑顔でまたこの件も振り返って、本でも書いてもらいたいと願っています。

ではでは。
まだまだ続くよ
posted by tacryan at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

冬休みです

今日は、でも、特に何も大したことはしてません。
ほとんど家でゆっくりしてました。
奥さんと車でユニクロにちょっとした買い物に行ったくらいかな。
すっかり車の運転するのも慣れました。慣れちゃうとやっぱり便利で、車なしでは出かけるのかったるくなっちゃいますね。

家にいると、息子ちゃんが遊んで欲しいとしきりにちょっかいかけてきます。大好きなキノコのクイズを出してきたり、シンプルにこちょこちょとくすぐってきたり。くすぐりに関しては盛大に反撃を食らわしてあげるのですが、キノコクイズは難しい。子供の好きなものにたいする記憶力には、ホントに驚かされます。
にしても、和やかでのんびりした幸せな休日ですな。

今年ももうあと3日を切りましたね。残りわずか、このブログもとりあえずなんとか年内までは、毎日更新途切れないよう、頑張っときたいと思います。書く習慣は付いてきたと思うので、来年になったら毎日とか縛りは撤廃し、書きたい時に無理せずマイペースで書くスタイルにしようと思うので。
ではでは。
posted by tacryan at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2016仕事納め

仕事納めでした。
ただ、午前中は、先日受けた大腸内視鏡検査の結果を聞きに病院に行ってきたため、午後だけ。仕事自体も、いつものルーチンの案件少しこなすだけで、ほぼ仕事仕舞いでしたが。

今年は、個人的には今後の基盤となる地味だけど非常に重要な仕掛けをいくつか仕込めて、まあその点では良い一年だったかなと。地味なのと、あまり周りに大事さを理解してくれる人がいないので、全然目立ってはいないんですけどね。
今年仕込んだベースを元に、さらなる改良を続けざまに、かつスピード感持ってどれだけ進められるか。今年以上に、大事な年になるかなと思っております。
地味でもなんでも、地道にやるべきことを見失わずやり続けること。ついルーチンだけだと、現状ではうっかり楽に惰性で埋没しがちなので、常に変化を意識して、主体的に動いていかなきゃなあ〜という感じです。

ともあれ、今年も一年、お疲れ様でした。
ではでは。
posted by tacryan at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

今更ながらの「アバター」

映画の「アバター」観ました。
ものすごーく、今更ですね。
もう6年以上も前の映画なんですね。


公開当時、なんだかよくわかりませんが当時勤めてた会社から是非観に行けとチケットがばらまかれるという奇妙な事態があったのが思い出です。強制されるとかえって見に行きたくなくなるため、結局貰ったチケットはただの紙切れになりましたが。
質の悪いことに感想文の提出なども命じられたんですが、適当にネットのレビューとか見て、当たり障りの無いレポート書いて出したんだったかな。やれやれですね。

てことで、6年の歳月を経て、スカパー!の番組表で見つけて当時のことを苦笑いしながら思い出しつつ、まあ観てみようと思って録画しといたのですが、当然ながら公開当時の売りである3Dでは無いですので、それだと魅力半減なんでしょうかね。わかりません。

まあでも、2Dでも十分楽しめましたよ。
惑星の神秘的な大自然や、巨大な生き物たち、アーマードスーツやらの兵器など、特撮・CGは綺麗で迫力を従来感じました(まあこれが3Dだと更にスゴいんでしょうけどね)。

お話自体は、「ダンスウィズウルブス」とか、後「ラストサムライ」なんかが思い出されましたね。やさぐれた文明人の白人が、異民族・異文化に交流してその精神性に感化されて自分を取り戻して仲間になり、圧倒的な侵略者の白人(主人公の元の所属)に戦いを挑む流れ。
もっとも「アバター」はラストが悲劇的にならず、最後大逆転勝利で終わるので、スカッとするカタルシスあって楽しいですけどね。絶体絶命の窮地にまさかの助けが入るところは、やっぱり少しジーンときましたからね、単純な私。まあSF・ファンタジーってことで、超越的な存在を入れやすいのは良いよね。

ということで、まあ肩肘張らず、映像の凄さ綺麗さを堪能しながら、楽しんで晴れやかな気持ちになれる作品というところでしょうか。面白かったですよ。

今日もところはこんな感じで。
ではでは。
posted by tacryan at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする